ゼオライト骨格中へテロ原子の直接観察とサイト制御

さきがけ研究者


阪本 康弘
科学技術振興機構
さきがけ研究者(大阪大学 大学院理学研究科)

研究概要

規則性ミクロ多孔質材料であるゼオライトの骨格中へテロ原子は,規則的に配列したもの以外はその正確な位置は明らかにされておらず,触媒利用など活性点の精密制御が必要な系において大きな課題となっています。本研究ではsub-Åの超高分解能をもつ最先端電子顕微鏡法を用い,電子線照射によるダメージが大きいゼオライトの骨格構造を原子分解能でイメージングする手法を開発し,ヘテロ原子位置の同定と制御を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望