応力で自在に変形する超空間をもつグラフェン系柔軟多孔性材料の調製と機能開拓

さきがけ研究者


西原 洋知
東北大学 多元物質科学研究所
准教授

研究概要

本研究では、スポンジのように柔軟なグラフェン系の多孔性材料を調製します。スポンジを圧縮/復元させるのと全く同じ要領で、本材料は応力によって可逆的に圧縮/復元することができ、それに伴い材料内部のナノ細孔が微小化/復元します。本研究の大きな目的の1つは、多孔性材料のもつナノサイズの「空間」を動的に機能する「超空間」に進化させ、革新的な機能を創出することです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望