メソポーラス材料を基盤とする新規フォトニクス材料の創製

さきがけ研究者


村井 俊介
京都大学 大学院工学研究科
助教

研究概要

酸化物のメソポーラス周期構造体を出発材料に、プラズモニック結晶およびメタマテリアルを作製します。得られた構造に、表面プラズモンポラリトン励起に伴う赤外から可視領域の周波数をもつ高密度電場を発生させ、それらの周波数に対応する分子振動・格子振動やバンド間電子遷移を選択的に励起する技術の開発を通じて、高効率・高密度かつ高選択的な物質変換・エネルギー変換科学を展開します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望