細孔性結晶を用いた微量薬物の分解・代謝過程の可視化

さきがけ研究者

猪熊 泰英

北海道大学 大学院工学研究院

准教授

研究概要

細孔性結晶に微量の化合物を染みこませて単結晶X線構造解析をする技術を用いて、薬物の微量分解・代謝物を正確に構造決定するための新しい分析技術の確立を目指します。また、この技術を使ってステロイド剤の代謝マップの作成やプロドラッグの分解・代謝過程の解明を行い、これらの変換過程を結晶構造によって可視化することを行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望