【押海 裕之】エクソソームRNA解析によるインフルエンザの予防・診断・治療基盤技術の創出

さきがけ研究者

押海 裕之
押海 裕之
熊本大学
大学院生命科学研究部
教授

研究概要

季節性インフルエンザは、毎年数千人前後の死亡を引き起こす重要な疾患です。現在使用されているインフルエンザワクチンは、発熱などの副反応を引き起こさないことに主眼がおかれ、十分な免疫力価を誘導できていません。本研究では、細胞から放出されるエクソソーム内のRNAを網羅的に同定し、そこから得られた情報を基に、安全且つ高い免疫力価を有するワクチン開発に向けた基盤技術を創出し、インフルエンザ重症化のメカニズムの解明を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望