【柚木 克之】トランスオミクス解析による多剤併用療法の合理的設計と多因子代謝疾患の制御

さきがけ研究者

柚木 克之

柚木 克之

理化学研究所
統合生命医科学研究センター
上級研究員

研究概要

本研究では、多階層オミクスデータから代謝制御ネットワークを再構築する「トランスオミクス解析」の手法により、薬剤応答を司る代謝制御ネットワークを再構築し、主・副作用の機序解明および新規作用の同定を目指します。さらに、薬剤応答のネットワークを「地図」として多剤併用療法を合理的に設計する方法論を確立し、多因子代謝疾患の制御を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望