【北 将樹】LA-LDI MSを用いた標的タンパク質の結合位置解析法の開発

さきがけ研究者

北 将樹
北 将樹
名古屋大学
大学院生命農学研究科
教授

研究概要

生理活性物質(リガンド)に反応基と検出基を導入した誘導体(ケミカルプローブ)は、標的分子の同定や、結合位置の解析に用いられます。本研究では、ピレン基を持つケミカルプローブとマトリックス不要のレーザー脱離イオン化質量分析法を用いて、標的タンパク質とリガンドの結合位置を高精細に解析する手法を開発します。さらに、炎症や痛み作用に関わる、哺乳動物由来の神経毒リガンドの機能作用点の解明を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望