タンパク質の動的機能の理解に基づく新たな疾患バイオマーカー・創薬標的分子探索法の開発

さきがけ研究者


小松 徹

東京大学 大学院薬学系研究科
特任助教

研究概要

本研究では、特定の代謝経路を制御するタンパク質を、その動的機能に基づいて網羅的に探索し、新規バイオマーカー、創薬標的として確立することを目指します。このために、特定の酵素活性を検出する有機小分子蛍光プローブを用いたタンパク質探索手法を確立し、これを基盤技術として「未解明の翻訳後修飾」に関わる酵素活性の検出を通じた活性本体タンパク質の探索と、疾患に関連したタンパク質の機能評価を行います。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望