Gタンパク質共役型受容体の活性化に影響を及ぼす代謝物の同定

さきがけ研究者


井上 飛鳥

東北大学 大学院薬学研究科
准教授

研究概要

Gタンパク質共役型受容体(GPCR)は、ヒトにおいて約900種類も存在し、各々が異なる代謝物を認識して様々な生命現象や疾患に関わります。本研究では、GPCRの結合分子を網羅的に探索し、疾患関連分子の作用標的を明らかにします。得られた知見は、疾患のメカニズムを解明するとともに、創薬に大きく貢献することが期待されます。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望