プレス発表2010年度

  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    森口佑介研究者(第3期)共同研究「幼児における複数の脳発達過程」
    2011.02.15
  • 物質と光作用
    物質と光作用
    下田 達也 先生(物質と光作用AD)らの研究グループは「世界で初めて液体シリコンを用いた塗布
    2011.02.07
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    池谷 裕二 研究者らが「脳内情報伝達の新たな調節機構を発見」
    2011.02.04
  • 革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    深田 直樹 研究者(物質・材料研究機構)と村上 浩一教授(筑波大学)らが「1/50000mmの
    2011.02.04
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    磯田昌岐研究者(第1期)他「自己と他者の動作を区別する仕組みを細胞レベルで初めて解明」
    2011.01.21
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    銅谷賢治領域アドバイザーらは「辛抱強さを決める脳の仕組みを解明」
    2011.01.12
  • 生命システムの動作原理と基盤技術
    生命システムの動作原理と基盤技術
    本田 賢也 研究者が「免疫を抑制する細胞を増やす腸内細菌を発見」
    2010.12.24
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    関 和彦 研究者「手の巧みな動きを制御する脊髄神経経路を発見」
    2010.12.16
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    高橋 英彦 研究者が「低い当選確率を高めに見積もるワクワク感に脳内ドーパミンが関与」することを解明
    2010.12.07
  • 生命システムの動作原理と基盤技術
    生命システムの動作原理と基盤技術
    木村幸太郎 研究者が「ドーパミンが線虫の匂い学習に必要であることを発見」
    2010.12.01
  • 生命現象と計測分析
    生命現象と計測分析
    秋山修志 先生(元:生命現象と計測分析研究者)が「藍藻の「時計たんぱく質」のリズミカルな構造変化を
    2010.11.27
  • ナノと物性
    ナノと物性
    岩井伸一郎 先生(元・ナノと物性研究者)が「電子の氷を光で融かす一瞬を捉える」ことに成功
    2010.11.17
  • ナノ製造技術の探索と展開
    ナノ製造技術の探索と展開
    太田裕道 研究者が「水を使って絶縁体から効率のよい熱電材料を作ることに成功」
    2010.11.17
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    松浦和則(元研究者)が化学合成したペプチドからウイルスの殻 構造 を組み上げる ことに成功
    2010.11.08
  • 光の創成・操作と展開
    光の創成・操作と展開
    永井正也 研究者らが熱を加えずに結晶を柔らかくすることに成功 〜高強度テラヘルツ電磁パルスで分子ネッ
    2010.11.01
  • 光の利用と物質材料・生命機能
    光の利用と物質材料・生命機能
    佐崎元 研究者が氷結晶表面の素顔に迫る:単位ステップの運動の直接観察
    2010.10.26
  • 界面の構造と制御
    界面の構造と制御
    塚崎 敦 研究者らが高品質酸化物界面を実現し、初めて分数量子ホール効果の検出に成功
    2010.10.18
  • 生命現象の革新モデルと展開
    生命現象の革新モデルと展開
    大槻久 研究者の論文が、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載。 ハーバード大学からプレスリリース
    2010.09.28
  • 革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    山中章弘 研究者が脳の"覚醒"レベルを上げる神経メカニズムを解明
    2010.09.22
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    吉川研究者の論文発表が農業生物資源研究所からプレスリリース
    2010.09.17
  • 脳神経回路の形成・動作と制御
    脳神経回路の形成・動作と制御
    川内健史 研究者が大脳皮質が作られる際に神経細胞が正しい位置まで動く仕組みを解明
    2010.08.26
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    富田耕造 研究者がウイルスRNA合成酵素と宿主翻訳因子との複合体の構造を解明
    2010.08.24
  • iPS細胞と生命機能
    iPS細胞と生命機能
    本多 新 研究者らがウサギiPS細胞の樹立に世界で初めて成功
    2010.08.06
  • 生命システムの動作原理と基盤技術
    生命システムの動作原理と基盤技術
    黒田 真也 先生(元・協調と制御)らが細胞内シグナル伝達経路の信号処理特性を解明
    2010.07.28
  • 光の利用と物質材料・生命機能
    光の利用と物質材料・生命機能
    新倉弘倫 研究者らが分子中での電子の空間分布を測定する新たな方法を開発
    2010.07.27
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    影山裕二 研究者らが極小ペプチドによる発生制御のしくみを発見。Scienceに掲載
    2010.07.16
  • 革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    深田直樹 研究者 直径20nmのゲルマニウムナノワイヤでの不純物分光に成功
    2010.07.15
  • 生命現象の革新モデルと展開
    生命現象の革新モデルと展開
    柴田 達夫研究者が上田昌宏先生(元・認識と形成)とともに、細胞が自発的にゆらぐ仕組みを解明、論文が米
    2010.06.15
  • プレスリース
    プレスリース
    北川宏先生(元・秩序と物性)らが、新しい多孔性材料によりアルコールから電気エネルギーの取り出しに成功
    2010.06.14
  • プレスリース
    プレスリース
    岡澤均先生(元・タイムシグナルと制御)らが、小脳変性に関与する分子メカニズムを解明
    2010.06.08
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    泊 幸秀研究者が、小さなRNAが働くしくみ(シャペロン装置の新たな機能)を解明
    2010.06.04
  • 合成と制御
    合成と制御
    濱地 格(元)研究者が、微小物質を運搬できるナノメートルサイズの繊維(分子の線路)を開発
    2010.05.18
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    榎本和生 (元)研究者が、神経回路の再編の分子メカニズムを解明 (細胞の足場を分解する酵素が重要な役
    2010.04.20
  • 生命現象と計測分析
    生命現象と計測分析
    上村想太郎 研究者らが、たんぱく質が作られる過程を1分子レベルで可視化に成功
    2010.04.15

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)