プレス発表2009年度

  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    谷口正輝 研究者 電気計測による核酸塩基分子の単分子識別に成功
    2010.03.22
  • 革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス
    齊藤 英治 研究者 絶縁体に電気信号を流すことに成功
    2010.03.11
  • 生命システムの動作原理と基盤技術
    生命システムの動作原理と基盤技術
    河崎洋志 研究者「マウスの脳内にヒゲの分布パターンを示す新しい神経回路を発見」
    2010.02.24
  • 脳情報の解読と制御
    脳情報の解読と制御
    高橋英彦 研究者「感情の中枢である扁桃体におけるドーパミンの役割を解明」
    2010.02.24
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    重信秀治 研究者「世界的な農業害虫「アブラムシ」のゲノム解読に成功」
    2010.02.23
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    小松雅明 研究者「細胞内にたんぱく質が異常蓄積することで酸化ストレスからの防御システムが活性化され
    2010.02.22
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    上田宏 研究者「抗体の親和性向上のための新しい方法を開発」
    2010.02.02
  • 生命システムの動作原理と基盤技術
    生命システムの動作原理と基盤技術
    深田優子 研究者「てんかん発症の鍵となるタンパク質複合体の働きを解明」
    2010.01.26
  • 生命現象の革新モデルと展開
    生命現象の革新モデルと展開
    手老篤史研究者 「粘菌の輸送ネットワークから都市構造の設計理論を構築」   (BBC)  (CBC)
    2010.01.22
  • iPS細胞と生命機能
    iPS細胞と生命機能
    荒木良子 研究者「世界初、iPS細胞の出現の瞬間が見えた」
    2010.01.14
  • プレスリース
    プレスリース
    十倉 好紀 アドバイザー(物質と光作用)らが磁性を利用した強誘電体の設計への新原理を発見
    2010.01.11
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    朝長啓造 研究者がヒトのゲノムにRNAウイルス遺伝子を発見 4000万年前までに感染か 最初の「R
    2010.01.07
  • エピジェネティクスの制御と生命機能
    エピジェネティクスの制御と生命機能
    岡田由紀 研究者が受精卵の遺伝子 初期化タンパクを解明、英誌で発表
    2010.01.07
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    ・藤原俊伸 研究者が神経分化に必要なタンパク質合成の制御機構を解明
    2009.12.25
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・中野 雄司研究者が植物ステロイドホルモンによる葉緑体制御の司令塔「BPG2」を発見
    2009.12.14
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    ・泊 幸秀 研究者 小さなRNAがヒトで働くしくみを解明、Nature Structural &
    2009.12.07
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    ・河野行雄 元研究者 光子レベルの分解能を持つ超高感度テラヘルツ波センサを開発
    2009.11.10
  • プレスリース
    プレスリース
    ・高橋正也先生(元・相互作用と賢さ)がペンタブレットの書き味にザラザラ感与える技術開発
    2009.11.09
  • 構造機能と計測分析
    構造機能と計測分析
    ・石濱 泰 研究者 劣悪環境に応答する植物ホルモン「アブシジン酸」の応答経路を解明−植物の環境スト
    2009.09.22
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・岩脇 隆夫 研究者と赤井 良子、河野 憲二、山中 伸弥は妊娠中の胎盤に影響大の小胞体ストレス応答機
    2009.09.15
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・尾池 雄一 研究者はメタボリックシンドロームを引き起こす鍵因子を発見(炎症によるメタボリックシン
    2009.09.02
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・今村博臣 研究者は生きた細胞内のATP濃度をリアルタイムに可視化する技術を開発(細胞のエネルギー
    2009.09.01
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・南野徹 研究者は脂肪組織の老化が糖尿病の発症に重要であることを発見(加齢による糖尿病発症メカニ
    2009.08.31
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    ・増富健吉研究者はRNA干渉に必須の2本鎖RNAの合成酵素をヒトで初めて発見 −ヒトのRNA干渉の機
    2009.08.24
  • RNAと生体機能
    RNAと生体機能
    ・泊幸秀研究者は小さなRNAが働く仕組みを解明(小さなRNA設計の新手法を見いだす)
    2009.08.17
  • 光の利用と物質材料・生命機能
    光の利用と物質材料・生命機能
    ・須藤雄気研究者らは細菌が緑色を感じる仕組みを解明プレスリリース
    2009.07.14
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・深田正紀(元)研究者らは脳の働きを正常に保つ酵素の働きを解明
    2009.07.13
  • ナノシステムと機能創発
    ナノシステムと機能創発
    ・山内悠輔研究者が白金ナノ金平糖:微細構造を持つ白金ナノ粒子の開発に成功
    2009.06.23
  • 代謝と機能制御
    代謝と機能制御
    ・田中元雅(元)研究者がタンパク質凝集構造の違いがハンチントン病の発症に関与することを発見
    2009.05.26
  • 構造制御と機能
    構造制御と機能
    ・齋藤健一研究者が光の三原色(青・緑・赤)で発光するシリコンナノ結晶の生成に成功
    2009.04.14
  • (光の利用と物質材料・生命機能)
    (光の利用と物質材料・生命機能)
    ・永井先生、世界最短波長の蛍光を発する群青色蛍光タンパク質(シリウス)の開発に成功!
    2009.04.07

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)