プレス発表2008年度

  • (生命システムの動作原理と基盤技術)
    (生命システムの動作原理と基盤技術)
    ・東山哲也研究者が植物の花粉管誘引物質を発見―140年来の謎解明(受精制御による植物育種に道)
    2009.03.19
  • (構造制御と機能)
    (構造制御と機能)
    ・上野 隆史研究者がフェリチンが金属を吸込む謎を原子レベルで解明
    2009.03.18
  • (脳情報の解読と制御)
    (脳情報の解読と制御)
    ・高橋英彦研究者が妬みや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳内のメカニズムが明らかに
    2009.02.13
  • プレス発表2008年度
    プレス発表2008年度
    ・元「生体分子の形と機能」濡木 理研究者(現SORST)ピロリジルtRNA合成における翻訳の直交性
    2009.01.01
  • プレスリリース
    プレスリリース
    元「かたちと働き」弓場 俊輔先生、船津 高志先生 実環境の細胞内で遺伝子の機能を解析する新しい顕微鏡
    2008.12.15
  • プレスリリース
    プレスリリース
    「構造機能と計測分析」浦野 泰照研究者 生きたがん細胞だけを光らせる"スマート検査分子"の開発
    2008.12.08
  • プレスリリース
    プレスリリース
    JSTとカリフォルニア再生医療機構(CIRM)との間の幹細胞研究に関する協力の覚書の締結について
    2008.11.18
  • プレスリリース
    プレスリリース
    竹谷 純一先生(界面の構造と制御) イオン液体を用いた高性能有機電界効果トランジスタを開発
    2008.09.19
  • プレスリリース
    プレスリリース
    高橋考太先生(タイムシグナルと制御) セントロメア機能不全にともなう染色体再編成について解明
    2008.08.18
  • プレスリリース
    プレスリリース
    河野 行雄 研究者 テラヘルツ電磁波の超高分解能画像化に成功
    2008.08.11
  • プレスリリース
    プレスリリース
    水島 昇(元タイムシグナルと制御・研究者) 哺乳類胚発生におけるオートファジーの役割を解明
    2008.07.04
  • プレスリリース
    プレスリリース
    斎藤通紀(元・情報と細胞機能研究者) 生殖細胞の誕生機構に関与する全遺伝子群の解明
    2008.06.15

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)