CREST・さきがけにおけるダイバーシティ推進に向けた取り組み

研究者の皆さんが存分に力を発揮できる環境づくりを進めます!

白木澤理事

 科学技術の世界においては、年齢、性別、国籍にかかわらず研究者が活躍できることが、研究現場に多様な視点を取り入れ様々な発想を促すことにつながり、組織に活力を与えるとともに、新しい価値創造の源泉となります。
 JSTはCREST・さきがけで研究を推進する研究者の皆さんが、その力を存分に発揮できるよう、環境の整備に努めています。例えば、研究と、出産・育児・介護などのライフイベントとの両立を支援する制度がその一つです。この制度は、研究者の皆さんにライフイベントの期間中も研究開発を継続していただくこと、また一時中断せざるを得ない場合は、可能となった時点で研究開発に復帰していただき、中断による影響を最小限にすることを目指しています。また、CRESTにおいては、その研究費で雇用されている研究員の方々のライフイベントに際し、研究代表者(PI)の皆さんが、研究員の方の負担を軽減しながら研究開発をこれまでと変わらないペースで推進していただくために、「男女共同参画推進費」によるサポートを行っています。これらの支援によって、研究代表者の方も研究員の方も安心して研究とライフイベントを両立することが可能になります。
 このような支援制度は2006年にスタートし、これまでに250名を超える方々にこの制度を利用していただきました。制度を利用した研究者の方々からは、「心身ともに安定して研究を遂行することができた」、「育児とトップレベルでの研究活動の維持の両立が可能となった」、「育児と研究の両立に対する周囲の理解を得られやすくなった」などの感想が寄せられており、ライフイベント期間中の研究活動継続の一助となっていることがお分かりいただけると思います。
 JSTでは、CREST・さきがけで研究を推進される研究者の皆さん一人ひとりが能力を十分に発揮して活躍できるよう、これからも制度の改善に努め、充実した研究環境の整備に取り組んで参ります。

国立研究開発法人 科学技術振興機構
理事 白木澤 佳子

<CREST・さきがけにおけるダイバーシティ推進に向けた取り組み>


 JSTでは、ダイバーシティ推進の取り組みの一環として、研究者のライフイベントに関する支援を行っております。CREST、さきがけに参画する研究者が研究期間中に2週間以上の連続した休暇を必要とするライフイベントが発生した場合、以下のような対応が可能です。お気軽にJSTまでご相談ください。

◆ CREST研究代表者
 研究代表者に代わり、その役割を担える者が代行して引き続き研究を推進することができます。その際、当初計画通りの予算額を使用可能ですが、研究期間の延長はありません。 詳しくは下記をご参照ください。
  研究代表者等にライフイベントが発生した場合の研究費の運用指針

◆ CREST研究参加者
 CREST研究員として専従雇用されている研究者は、出産・子育て・介護等支援制度の利用が可能です。当該支援制度では、当該研究員による研究開発の促進または負担軽減に資する目的として、月額25万を上限として、「男女共同参画促進費」が支給されます。 詳しくは下記をご参照ください。
  出産・子育て・介護支援制度

◆ さきがけ研究者
 週単位で研究を中断することが可能です。中断した週数を上限として研究期間を延長することができます。その際、研究費については当初計画通りの予算額を使用可能です。 詳しくは下記をご参照ください。
  研究代表者等にライフイベントが発生した場合の研究費の運用指針


<CREST 出産・子育て・介護支援制度利用者の声>


「統合1細胞解析のための革新的技術基盤」研究領域

 研究代表者 :  渡邊 直樹

 京都大学 大学院生命科学研究科 教授

 研究課題 「多重高密度超解像顕微鏡IRISによる多分子複合体マッピング」

(研究代表者)

 支援対象研究者は、十分な研究歴をもつものの、育児をしながらの研究は今回が初めてであり、研究代表との立場からみても不安を感じる部分がありました。しかしながら、出産・育児・介護支援制度制度により、データ取得の自動化など実験設備の改良を行うことができ、育児のため、実験の継続可能時間に制約がある日や、予期せぬ実験中断にせまられた際にも実験計画を進めることに大変役立ちました。

(支援対象研究者)

 経験の少ない分野での業務もある中、プロジェクトメンバーの一員としてディスカッションや実験を進めることに努め、限られた時間内でも研究の推進を図る自信を持つことができた上、本制度により研究キャリアと子育ての両立に積極的に向き合えるようになれたと感じています。

「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」研究領域

 研究代表者 :  彦坂 幸毅

 東北大学 大学院生命科学研究科 教授

 研究課題 「将来の地球環境において最適な光合成・物質生産システムを持った強化植物の創出」

(研究代表者)

 本研究では、遺伝学的実験と生理生態学的実験と植物の育成を数km離れた異なるキャンパスで行いました。また実験も植物の都合を優先せざるを得ないためしばしば勤務時間外の作業も必要となりますが、保育園に子供を預けられる時間帯には制限がある上、突発的な病気で子供を病院に連れて行かなければいけないこともありました。本制度による実験補助の雇用により、これらの困難さを克服することができ、プロジェクトとしては非常に助かりました。

(支援対象研究者)

 幼い子供を抱えているため夜中や週末の業務は難しいものがあります。本予算によって効率的に研究が進み、これはグループ全体として大きな成果でした。2年間という短い雇用期間と制限された実験時間のなかで順調に研究を進めることができ、幸い期間中に論文を1本アクセプトさせることができました。

<さきがけ ライフイベント取得者の声>


 さきがけ 研究領域

 近日公開予定