光エネルギーと物質変換

1.研究領域の概要

 本研究領域は、人類にとって理想的なエネルギー源である太陽光による広義の物質変換を介して、光エネルギーを化学エネルギーに変換・貯蔵・有効利用し得る高効率システムの構築を目指した。 具体的には、半導体触媒や有機金属錯体による光水素発生、二酸化炭素の光還元、高効率な光捕集・電子移動・電荷分離・電子リレー系、光化学反応場の制御、水分子を組み込んだ酸化還元系、ナノテクノロジーを駆使した光電変換材料、高効率光合成能を有する植物、藻類、菌類などの利用技術、光を利用したバイオマスからのエネルギー生産、光合成メカニズムの解明などが含まれ、 光化学、有機化学、材料科学、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーなど幅広い分野から、将来のエネルギーシステムへの展開を目指した革新的技術に新しい発想で挑戦する研究を行った。

2.さきがけ研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「光エネルギーと物質変換」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎池内 昌彦 東京大学大学院総合文化研究科 教授
 浅野 素子 群馬大学大学院理工学府分子科学部門 教授
 塚原 次郎 富士フイルム株式会社R&D統括本部先端コア技術研究所 研究部長
 和田 雄二 東京工業大学物質理工学院 教授
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「光エネルギーと物質変換」研究領域事後評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望