ナノシステムと機能創発

1.研究領域の概要

 本研究領域は、ナノテクノロジーにおけるトップダウン手法の技術の高度化、精密なボトムアップ手法の駆使、あるいはそれらの手法の融合によって、要素の単なる総和や重ね合わせではない自律的、非線形的に新たな機能を生み出す(”創発する”)研究を推進し、次世代ナノシステムの構築を目指した。具体的には、生命科学、物質科学、精密工学、電子工学、医用工学、知能情報工学などの様々な分野における、自律的機能創発のしくみの解析・解明、あるいは機能を創発するシステムのナノレベルでの設計・創製等、独創的・挑戦的な研究を対象とした。

2.さきがけ研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「ナノシステムと機能創発」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎城田 靖彦 大阪大学 名誉教授
 明石 満  大阪大学 名誉教授/大阪大学大学院生命機能研究科 特任教授
 加藤 昌子 北海道大学大学院理学研究院 教授
 船津 高志 東京大学大学院薬学系研究科 教授
 山口 浩司 日本電信電話株式会社NTT物性科学基礎研究所量子・ナノデバイス研究統括担当複合ナノ構造物理研究G グループリーダ・上席特別研究員
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「ナノシステムと機能創発」研究領域事後評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望