情報環境と人

1.研究領域の概要

 本研究領域は、人とのインタラクションが本質的な知的機能の先端研究を行い、その成果を情報環境で共有可能なサービスの形で提供し、さらに研究領域内外の他のサービスとのネットワーキングにより複合的な知能を形成していくことを目指すものである。
 具体的には、人とのインタラクションが本質となる、ユビキタスコンピューティング、アンビエントインテリジェンス、知能ロボット、コミュニケーションやグループ行動支援などを実現するための知的機能の先端研究、ユーザビリティテスト、エスノグラフィ、統計分析など、利用現場における知的機能の評価研究、さらに研究成果を社会に提供するためのサービスコンピューティングを用いた知的機能のネットワーキング研究を対象とする。

2.さきがけ研究領域事後評価(予備評価)

2-1.評価報告書

「情報環境と人」研究領域事後評価(予備評価)報告書

2-2.評価委員

◎土井美和子   (独)情報通信研究機構 監事
折原 良平     (株)東芝研究開発センター知識メディアラボラトリー 研究主幹
木村 朝子    立命館大学情報理工学部メディア情報学科 教授
角 康之     公立はこだて未来大学システム情報科学研究科 教授
前田 英作    日本電信電話(株)NTTコミュニケーション科学基礎研究所 所長
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「情報環境と人」研究領域事後評価(予備評価)用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望