ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ 科学技術振興機構
トップページ 概要 研究領域の紹介
 
JST > 戦略的創造研究推進事業 > ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ > ナノテクノロジー分野別バーチャルラボについて
ナノテクノロジー分野別バーチャルラボについて

平成14年度のナノテクノロジーへの総合的・重点的な取り組みとして、科学技術振興事業団(現独立行政法人科学技術振興機構)では、文部科学省が定めた3つの戦略目標の下に10の研究領域を設定しました。研究領域の運営の責任者である研究総括のもとで研究課題を募集・選定、参加する研究者は自らの研究機関に所属したまま、戦略目標に向けて研究を推進しています。これら10の研究領域は、相互に関連を持つものであるため、全体を1つの 「ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ」(バーチャルラボ=いわば「姿なき研究所」)としてとらえ、研究領域ごとの研究推進に加え、研究領域を超えた情報交換・コラボレーション、合同シンポジウム・領域会議の開催など有機的な運用・連携を図り、よりインパクトの大きな成果の創出を目指します。
10の研究領域は、チーム型研究93課題、個人型研究24課題の合計117課題で構成されています。

* 本領域は、平成19年度までで全て終了いたしました。

 
事業の流れを見るチーム型研究 CRESTタイプ個人型研究 さきがけタイプ

研究支援体制を見る
研究支援体制

ページトップ
Copyright (c) Japan Science and Technology Agency. All Rights Reserved.