JST基礎研究通信 第158号

—————-
J S T
————————-
基 礎 研 究 通 信
————————-
第 158 号
—————-

————————————————————————————————————————
このメールマガジンは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、戦略的創造研究推進事業に携わる方、関心をお持ちの方に無料で配信されるメールサービスです。当事業に関する各種募集情報、イベント・シンポジウム情報、プレス発表等をお知らせしています。
————————————————————————————————————————

 No.158 Jun. 8, 2017
◆ 戦略的創造研究推進事業 ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第158号コンテンツ】
■======================================■
【フォーラム・シンポジウム】

◆内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)原田博司プログラム
 『「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」2017年度シンポジウム』
◆戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
 SIP「革新的燃焼技術」公開シンポジウム

【募集】

◆戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」平成29年度研究提案募集のお知らせ
◆大学発新産業創出プログラム(START)社会還元加速プログラム(SCORE)2017年度課題募集のお知らせ
◆国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)EIG-CONCERT-Japan 研究交流課題の募集について「効果的なエネルギー貯蔵と配分(Efficient Energy Storage and Distribution)」
◆未来社会創造事業(平成29年度新規事業)研究開発課題募集(探索加速型、大規模プロジェクト型)のお知らせ

【セミナー・その他】

◆V4+日本 科学技術協力セミナー~中欧における複合材料の最新トレンド~ 開催のお知らせ

◆ イベント・シンポジウムのご案内
◆ 海外の科学技術関連情報
◆ プレス発表
◆ 次号予告

■======================================■

【フォーラム・シンポジウム】


■ 内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)原田博司プログラム
□ 『「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」2017年度シンポジウム』
■ 開催のご案内
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
ImPACT原田博司プログラムで開発を進めている、健康寿命延伸と医療費削減に役立てる「ヘルスセキュリティ」、サイバー攻撃を防ぎながら生産性と利益向上を支援する「ファクトリセキュリティ」について、研究開始から2年目に入った今、本年度シンポジウムとして1年目の成果についてご報告させていただくとともに、今後の取り組みについてもご紹介させていただきます。
●日時: 2017年6月30日(金)13:30~
●場所:ベルサール九段・ホール(千代田区九段北1-8-10)
http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_kudan/access.html
●プログラム:ImPACT原田博司プログラム概要、各プロジェクト成果報告、パネルディスカッション
●参加費:無料
●定員:300名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
●参加申込:下記webサイトからお申込み下さい。(申込み〆切:6月28日(水)正午)
http://www.jst.go.jp/impact/sympo/hharada2017/index.html
●主催:内閣府、国立研究開発法人科学技術振興機構
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 
      革新的研究開発推進室(ImPACT原田博司プログラム担当)
      TEL:03-6380-9012  E-mail:



□ 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
■ SIP「革新的燃焼技術」公開シンポジウム
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
SIP 「革新的燃焼技術」では、最大熱効率50%を実現するための革新的技術の研究開発を行うとともに、持続可能な産学連携体制の構築に取り組んでいます。この度、「革新的燃焼技術」の取り組み状況と最新の研究成果をご紹介する公開シンポジウムを開催します。
産業界・研究者・学生・一般の皆様のご参加をお待ちしております。
●開催日時:2017年7月6日(木)9:30~18:10
●開催場所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
●参加費:無料
●定 員:500名
●申込締切: 2017年6月30日(金)(定員になり次第締切)
●参加申込:以下シンポジウムウェブサイトより参加申込をお願いします
●詳細・申込み:URL: http://www.jst.go.jp/sip/event/k01/20170706/index.html
●主催 内閣府/JST、協賛 自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)
●問合せ先:SIP革新的燃焼技術シンポジウム事務局
 E-mail:(しゅくみねっと株式会社)



【募集】


■ 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
□ 「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」
■ 平成29年度研究提案募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集概要
JST戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)では、「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」第2期公募の新規提案募集を行っています。
客観的根拠に基づく科学技術イノベーション政策の形成に寄与するため、将来的な政策形成につながりうる具体的な成果の創出を目指す研究提案を募集します。
エビデンスの活用方法、オープンデータの利活用、研究開発プログラム・デザイン、科学技術イノベーション政策の社会的インパクト評価などをテーマとした新しい発想に基づく意欲的な提案をお待ちしております。
●募集期間:2017年5月10日(水)~2017年6月26日(月)正午 ※締切厳守
●詳細URL: http://ristex.jst.go.jp/proposal/current/proposal_2017.html
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
      E-mail: TEL:03-5214-0133



□ 大学発新産業創出プログラム(START)社会還元加速プログラム(SCORE)
■ 2017年度課題募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
JSTは大学発新産業創出プログラム(START)において、社会還元加速プログラム(SCORE)を開始します。まず起業について学び、ビジネスモデル仮説やMVP(試作品)を作成するセミナーに参加していただきます。次にその中から選考されたチームの方々には、メンターの支援のもとで、より実践的な研修とMVP作成によりビジネス展開の力を高めていただきます。
詳細につきましては下記の募集案内URLをご覧ください。多数の応募をお待ちしております。
●エントリー締切:2017年7月12日(水)正午
●修正提出締切:2017年8月30日(水)正午
●公募対象者:JSTが関わった事業の成果である技術シーズを持つ「研究代表者」と、研究代表者とともにビジネスモデル仮説の立案および検証などの活動を中心的に行う「EL(Entrepreneur Lead)」のチームでの参加
●研究開発分野:MVPを期間内に提示可能であり、安全に顧客評価が可能な技術分野。
例)・IT、情報通信(IoT、ビッグデータ等を含む)
  ・自然科学分野(新材料、先端計測等。薬事法等の規制対象外の分野)
●研究開発費(直接経費):基準額 300万円(最大1000万円)
●研究開発期間:単年度(平成29年度のみ)
●公募詳細URL: https://www.jst.go.jp/start/score/jigyo/index.html
●公募説明会:6月19日(月)15時開催 JST東京本部別館1階
●問合せ先:JST産学連携展開部 START事業グループ
      E-mail:



■ 国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)
□ EIG-CONCERT-Japan 研究交流課題の募集について
■ 「効果的なエネルギー貯蔵と配分(Efficient Energy Storage and Distribution)」
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
JSTは、国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)の一環として、EIG-CONCERT-Japanに参加する欧州8カ国と協力し、「効果的なエネルギー貯蔵と配分」分野に関する国際共同研究提案募集を行っています。
本公募はエネルギーの貯蔵システムと分配に関し、より効率的で信頼性の高い、安全、柔軟、持続可能な技術開発のための国際共同研究を推進することを目的としています。
●募集締切:2017年7月14日(金)19:00
●支援期間(研究期間):3年間
●支援規模:1課題あたり、総額1,800万円を上限とします。(間接経費30%を含む)
●採択予定数:5課題程度
●募集案内: http://www.jst.go.jp/sicp/announce_cj4.html
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 国際部 事業実施グループ
      TEL:03-5214-7375 E-mail:



□ 未来社会創造事業(平成29年度新規事業)
■ 研究開発課題募集(探索加速型、大規模プロジェクト型)のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
平成29年度より開始した「未来社会創造事業」では、新しい試みに果敢に挑戦する研究開発の推進によって、経済・社会的にインパクトのあるイノベーションを生み出す取り組みを推進します。
困難であっても実現すれば大きな価値を生む新しいアイデアを含む提案を募集しています。
募集しているテーマ等の詳細につきましては、下記URLをご覧ください。皆様のご応募をお待ちしております。
●事業および募集の詳細: http://www.jst.go.jp/mirai/jp/
●募集期間:2017年6月7日(水)~2017年7月19日(水)正午〆切
●募集説明会:
 6/9(金)富山、6/13(火)福岡、6/14(水)東京/名古屋、
 6/19(月)仙台、6/20(火)東京/大阪、6/28(水)東京
 ※参加申込はホームページよりお願いします。
  各会場とも定員に達し次第、締め切りになります。
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 研究開発改革推進部
      TEL:03-6272-4004 E-mail:



【セミナー・その他】


□ V4+日本 科学技術協力セミナー~中欧における複合材料の最新トレンド~ 
■ 開催のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
本セミナーは、ヴィシェグラード4カ国(V4:チェコ・ポーランド・ハンガリー・スロバキア)における複合材料に関する最新トレンドに焦点を当てて、日本の科学者および企業の皆様へ、V4各国の代表的な研究機関とその研究成果をご紹介することを目的としております。
●開催日時:2017年6月14日(水)13:00~18:00(開場12:30)
●開催場所:ポーランド共和国大使館(東京都目黒区三田2-13-5)
●参加費:無料
●定 員:120名
●参 加:下記ウェブサイトより参加登録ください。
参加登録: http://v4plusjapan.appspot.com/register
●プログラム概要:
 第1部 主催者、後援者挨拶
 第2部 研究機関によるプレゼンテーション 
 第3部 交流会
 ※プログラムの詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
プログラム: http://v4plusjapan.appspot.com/program
●問合せ先:ポーランド共和国大使館 担当:トマッシュ・ヤムロズ
      TEL:03-5794-7030 E-mail:


■ イベント・シンポジウムのご案内
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その他のイベント・シンポジウム(近日開催予定分)のご案内はこちらです。
http://www.jst.go.jp/event.html

■ 海外の科学技術関連情報
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆中国のいまを伝える 「中国総合研究センター マンスリーレポート」
中国総合研究センターでは、科学技術関係機関のリーダーへのインタビュー、中国の飛躍的な
発展振りを伝える現地レポート、中国科学技術最新トピックなどをご紹介しています。
URLはこちら:
http://www.spc.jst.go.jp/report/



■ プレス発表(2017年5月1日以降分)
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年06月02日
超極微量試料の化学構造を決定できる量子センシングNMR
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170602/index.html

2017年06月01日
反強磁性体スピンの反転に必要な電圧を大幅低減~交換結合ヘテロ構造電圧書き込み磁気記録デバイスに道筋~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170601/index.html

2017年05月31日
ガラスが熱で変形しやすいのはなぜか、原子レベルで一端を解明
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170531/index.html

2017年05月30日
原子1個の内部電場の直接観察に成功~究極の顕微鏡法:単一原子の内部構造の可視化に向けて~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170530/index.html

2017年05月25日
印刷技術による薄く柔軟なモーターの開発に成功~ソフトロボットへの応用に期待~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170525/index.html

2017年05月24日
染色体タンパク質の狙った部位に化学修飾を導入する触媒を開発~生体内酵素の代替による”触媒医療”の実現に一歩前進~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170524-2/index.html

2017年05月24日
高容量および長寿命を兼ね備えたリチウム-硫黄二次電池用正極の開発に成功~リチウムイオン電池を凌駕する次世代型蓄電池の実現に期待~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170524/index.html

2017年05月23日
国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170523/index.html

2017年05月18日
固体中で熱を特定の方向に流し、一点に集めることに成功~熱制御に新しい選択肢~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170518/index.html

2017年05月16日
安定アミドを効率よくアミンやアルコールに変換する触媒を開発~再生可能な資源として炭素循環社会の実現に貢献~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170516/index.html

2017年05月16日
不揮発性磁気メモリーMRAMのための3次元積層プロセスを開発~新世代単結晶MRAM製造の可能性を拓く~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170516-4/index.html

2017年05月16日
カビは一歩ずつ無限にふえる~菌糸が伸び続ける仕組みを解明~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170516-2/index.html

2017年05月16日
世界最高性能の伸縮性導体を実現~ゴム内で銀ナノ粒子の自然形成現象発見による新素材への応用に期待~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170516-3/index.html

2017年05月12日
数学を使って粉体が結晶になる際の構造の変化を解明
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170512/index.html

2017年05月10日
脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場の開発~損傷した脳の再生への第一歩~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170510/index.html

2017年05月05日
細胞内の不良品たんぱく質の分解メカニズムを解明~アルツハイマー病など神経変性疾患の成因の一端の解明が可能に~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170505/index.html

2017年05月03日
1マイクロメートルの隙間を通過する植物細胞~マイクロ流体デバイスで観察~
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170503/index.html



■ 次号予告
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信日 2017年7月13日配信予定
内容
◎ フォーラム・シンポジウム情報
◎ 各種募集情報
◎ 科学技術政策 動向トピックス
◎ プレス発表

———[JST基礎研究通信]———————————————————————————-
□ 配信元 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
http://www.jst.go.jp/kisoken/
■ 配信解除/登録内容の変更
http://www.jst.go.jp/melmaga.html
□ バックナンバー
http://www.jst.go.jp/kisoken/mail/index.html
□ 問合せ先  
Copyright(C)2017 JST All rights reserved.
————————————————————————————————————————

クイックアクセス

Quick Access

本ページの目次