JST基礎研究通信 臨時号 No.115

■====================================□

JST 基礎研究通信(臨時号No.115  2016.6.1)

□====================================■

本年4月14日から熊本県や大分県で発生した一連の地震により被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

——————————————————————————–

このメールマガジンは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、戦略的創造研究推進事業に携わる方、関心をお持ちの方に無料で配信されるメールサービスです。当事業に関する各種募集情報、イベント・シンポジウム情報、プレス発表等をお知らせしています。

——————————————————————————–

 

《第115号コンテンツ》

【募集】

◆戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)平成28年度研究提案の
 募集開始(第2期)

【フォーラム・シンポジウム】
◆JST/ALCAシンポジウム「将来の低炭素技術におけるALCAの役割」

【セミナー】
◆ヴィシェグラード4カ国 × 日本 技術移転セミナー『産業化のためのナノ材料』
 開催のお知らせ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

【募集】

□ 戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)
■ 平成28年度研究提案の募集開始(第2期)
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
このたびJSTは、戦略的創造研究推進事業「CREST」「さきがけ」「ACT-I」において、平成28年度の研究提案募集(第2期)を開始いたしました。ご関心のある多くの方々のご応募をお待ちしております。
詳細につきましては募集要項および研究提案募集ホームページをご覧ください。
 URL:http://www.senryaku.jst.go.jp/teian.html
●新規プログラム「ACT-I」について
今回の戦略目標の達成に向けて、戦略的創造研究推進事業に新たな研究推進プログラム
「ACT-I」(Advanced Information and Communication Technology for Innovation)
を開始します。「ACT-I」は情報学分野において、募集を行う年の4月1日時点で35歳未満の優れた若手研究者(学生は大学院生に限り応募が可能です)を見出し育成するプログラムであり、若手研究者の個人研究を支援するものです(研究期間:1年4ヶ月以内、研究費:1件あたり総額300万円を標準)。
また、研究開始1年後を目処に進捗評価を実施し、研究を引き続き支援することでより一層大きな成果が期待される研究課題については、「加速フェーズ」として、年間最大1,000万円程度の研究費をさらに最長2年間支援します。
社会実装に意欲的な研究総括・領域アドバイザー・他の採択研究者との議論を通して自らのアイデアを発展させたいと考える若手研究者の方は、大学・企業の別を問わず是非応募をご検討ください。
●応募締切
 CREST、さきがけ、ACT-I:平成28年7月27日(水)正午 厳守
 ※余裕を持って、早めにご提出をいただくようお願いいたします。
●募集説明会
 ■平成28年度新規研究領域(CREST・さきがけ、ACT-I)及びCREST「知的情報処理」
  合同募集説明会
 【東京会場】6/10(金)14:00~16:30
      場所:科学技術振興機構東京本部 地下大会議室
 【京都会場】6/22(水)14:00~16:30
      場所:TKPガーデンシティ京都 会議室「橘」
 ■さきがけ「社会情報基盤」募集説明会
 【東京のみ開催】6/16(木)14:30~15:45
      場所:科学技術振興機構東京本部別館 2階A-2会議室
●研究提案を募集する研究領域
〔CREST〕
◇「イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化」(新規)
 (研究総括:栄藤 稔)
◇「人間と調和した創造的協働を実現する知的情報処理システムの構築」(知的情報処理)
 (研究総括:萩田 紀博)
〔さきがけ〕
◇「新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出」(新規)
 (研究総括:黒橋 禎夫)
◇「社会と調和した情報基盤技術の構築」(社会情報基盤)
 (研究総括:安浦 寛人)
〔ACT-I〕
◇「情報と未来」(新規)
 (研究総括:後藤 真孝)
●研究提案募集ホームページ(随時更新)について
募集要項のダウンロード、各研究領域の募集説明会や面接選考日に関する情報の掲載など、最新情報を発信しています。応募をお考えの方はぜひご覧ください。
 URL:http://www.senryaku.jst.go.jp/teian.html
●研究提案募集に関する問合せ先
 ※研究提案募集ホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
  国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部
  [募集専用]E-mail:rpinfo

 

【フォーラム・シンポジウム】

■ JST/ALCAシンポジウム「将来の低炭素技術におけるALCAの役割」
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●詳 細:http://www.jst.go.jp/alca/sympo2016/
●日 時:2016年6月30日(木) 10:00~12:00
●場 所:パシフィコ横浜アネックスホールF206(横浜市)
 ※第11回再生可能エネルギー世界展示会のフォーラムとして開催
  http://www.renewableenergy.jp/2016/forum.html
●プログラム概要:
 基調講演「我が国のエネルギー環境戦略におけるALCAの位置づけ」
  橋本 和仁 ALCA-PD
 第一部 ALCA成果紹介
 第二部 パネルディスカッション「低炭素化社会に向けたALCAへの期待」
●問合せ先
 国立研究開発法人科学技術振興機構 環境エネルギー研究開発推進部ALCAグループ
 URL: http://www.jst.go.jp/alca/sympo2016/

 

【セミナー】

□ ヴィシェグラード4カ国 × 日本 技術移転セミナー 『産業化のためのナノ材料』
■ 開催のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
本セミナーは、ヴィシェグラード4カ国(V4:チェコ・ポーランド・ハンガリー・スロバキア)における『産業化のためのナノ材料』に関する最新の研究結果を主題とし、日本の科学者および企業の皆様へ、中東欧における先端技術をご紹介することを目的としております。
●詳 細:http://www.czechinvest.org/jp/japan-seminar-june-2016
●日 時:2016年6月16日(木)13:30~19:00(※開場13:00)
●場 所:チェコ共和国大使館(東京都渋谷区広尾2-16-14)
●主 催:チェコビジネス・投資開発庁、チェコ共和国大使館、ポーランド共和国大使館、ハンガリー大使館、スロバキア共和国大使館
●後 援:国立研究開発法人科学技術振興機構
※セミナーへの参加をご希望の方は、上記ウェブサイトよりセミナー申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、チェコビジネス・投資開発庁(03-5485-8266) 担当: 蔦宗(ツタムネ)まで、sumire_tsutamuneへメール、またはFAX(03-5485-8277)にてお申し込みください。
※定員は80名、セミナーの参加費は無料です。
※セミナーは英語での進行となりますが、資料等は日本語のご用意がございます。
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 国際科学技術部 V4担当
      TEL:03-5214-7375 FAX:03-5214-7379
      E-mail:jointv4

 

—–[JST基礎研究通信]—————————————————-
□ 配信元 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
■ URL  http://www.jst.go.jp/kisoken/
□ 配信解除/登録内容の変更
     http://www.jst.go.jp/melmaga.html
■ バックナンバー
     http://www.jst.go.jp/kisoken/mail/index.html
□ 問合せ先
     e-zine_mlmg
Copyright(C)2016 JST All rights reserved.
—————————————————————————-

クイックアクセス

Quick Access

本ページの目次