JST基礎研究通信 第144号

———–

J S T
—————–
基 礎 研 究 通 信
—————–
第 144 号
———–

——————————————————————————–

このメールマガジンは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、戦略的創造研究推進事業に携わる方、関心をお持ちの方に無料で配信されるメールサービスです。当事業に関する各種募集情報、イベント・シンポジウム情報、プレス発表等をお知らせしています。

——————————————————————————–

 

No.144 Apr. 14, 2016

◆  戦略的創造研究推進事業  ◆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第144号コンテンツ】

■======================================■

【フォーラム・シンポジウム】

◆SIP「革新的構造材料」公開成果報告会 開催のご案内
◆InSECT2016「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」国際シンポジウム

【募集】

◆社会技術研究開発センター(RISTEX)平成28年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)提案募集説明会を開催
◆EIG-CONCERT-Japan 「食料及びバイオマスの生産技術」  課題募集
◆日本-インド共同研究「IoT、AI、Big Dataを含むICT全般」課題募集のお知らせ
◆「大学発新産業創出プログラム(START)技術シーズ選抜育成プロジェクト〔IoT分野〕」研究開発課題募集のお知らせ
◆大学発新産業創出プログラム(START)「プロジェクト支援型」2016年度募集のお知らせ
◆「次世代シークエンサ(NGS)ハンズオン講習会」受講者募集

【その他】

 ◆  イベント・シンポジウムのご案内
 ◆  海外の科学技術関連情報
 ◆  プレス発表
 ◆  次号予告

■====================================­==■

【フォーラム・シンポジウム】

 

■ SIP「革新的構造材料」公開成果報告会 開催のご案内
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
平成26年度発足したSIP(革新的イノベーション創造プログラム)「革新的構造材料」プログラムは、3年目を迎えるにあたり成果報告会を開催する運びとなりました。航空機材料として実用化を目指す、樹脂・FRP、耐熱合金・金属間化合物、セラミックコーティング、そして材料開発を支援する総合的なシステムを目指すマテリアルズインテグレーションの各技術領域の最新の成果を講演とポスター発表でご紹介します。奮ってご参加いただきますようお願いいたします。
●詳 細:URL  http://www.jst.go.jp//sip/event/k03/20160426/index.html
●日 時:2016年4月26日(火)10:00~
●場 所:イイノホール&カンファレンスセンター(霞ヶ関)
  プレゼンテーション会場:イイノホールエリア
  ポスターセッション会場:イイノカンファレンスエリア Room A
●参加費:無料
●定 員:500名(定員になり次第締め切り)
 事前登録制:参加申込はこちら > https://form.jst.go.jp/enquetes/sipkozo
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構
      イノベーション拠点推進部 SIPグループ
      E-mail:sip_structuralmaterial

 

□ InSECT2016「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」
■ 国際シンポジウム
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
本シンポジウムは内閣府 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」に関する国際シンポジウムです。本シンポジウムでは、細菌・ウィルス、PM2.5、有害低分子のセンシング開発について研究成果を発表するとともに、関連分野の研究開発に関して世界トップレベルの先生方に講演いただき、微量物質センシングシステムの研究開発の方向性、社会実装について議論します。
●詳細:URL   https://impact.jst.go.jp/sympo/miyata/
●開催日時:2016年4月26日(火)10:00~18:15 (9:00開場)
      2016年4月27日(水) 9:00~16:50
      (意見交換会:4月26日(火)18:15~20:00)
●開催場所:名古屋大学 東山キャンパス 野依記念学術交流館(名古屋市千種区)
●参加費:無料 (意見交換会:3,000円)
●定 員:200名
●申込締切: 定員になり次第(意見交換会:事前申込のみ受付4月21日まで)
●参加申込:URL  https://impact.jst.go.jp/sympo/miyata/

●問合せ先: 国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室
      「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」担当
      TEL:03-6380-9012 E-mail:impact-myt

 

【募集】

 

□ 社会技術研究開発センター(RISTEX)
■ 平成28年度戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)提案募集説明会を開催
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
社会技術研究開発センター(RISTEX)は、社会の具体的な問題の解決を通して、新たな社会的・公共的価値の創出を目指しています。社会問題の解決に取り組む関与者と研究者が協働するためのネットワークを構築し、競争的環境下で自然科学と人文・社会科学の知識を活用した研究開発を推進して、現実社会の具体的な問題解決に資する成果を得るとともに、得られた成果の社会への活用・展開を図ります。
このたび、「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域、「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発領域「研究開発成果実装支援プログラム」、以上3つの研究開発領域およびプログラムにおいて、4月12日より平成28年度の提案募集を行います。つきましては募集説明会を開催しますので、是非ご参加ください。
●詳細:URL  http://www.ristex.jp/examin/proposal.html
●(東京)4月19日(火)JST東京本部別館1階ホール (東京都千代田区)
●(京都)5月9日(月)TKPガーデンシティ京都7階「橘」 (京都府下京区)
●(仙台)5月19日(木)仙都会館 (仙台市青葉区)
 ※仙台会場は「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」のみのご説明となります。
●参加費:無料
●参加申込:https://form.jst.go.jp/enquetes/RISTEX_boshu28
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 社会技術研究開発センター
      E-mail:boshu@ristex TEL:03-5214-0133

 

□ EIG-CONCERT-Japan「食料及びバイオマスの生産技術」
■ 課題募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
「戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)」の一環として、JSTは欧州4カ国と協力し「食料及びバイオマスの生産技術 (Food Crops and Biomass Production Technologies)」分野に関する共同研究課題を募集いたします。
本公募は、公募参加国(フランス、ドイツ、スペイン、トルコ)のうち2か国以上の研究者と日本側研究者を含めた、3か国以上の研究者による共同提案が対象となります。詳細につきましては、募集案内ページをご覧ください。皆様のご応募をお待ちしています。
●研究領域:「食料及びバイオマスの生産技術 (Food Crops and Biomass Production Technologies)」
●募集締切:2016年4月28日(木)午後8時(日本時間)
●支援期間(研究期間):3年間
●支援規模:1課題あたり、総額1,380万円(直接経費)を上限
●採択予定数:5課題程度
●募集案内:http://www.jst.go.jp/sicp/announce_cj3.html
●事業概要:http://www.jst.go.jp/inter/sicp/country/concert-japan.html
       (CONCERT-Japanホームページ) http://www.concert-japan.eu/
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 国際科学技術部 事業実施グループ
      TEL:03-5214-7375  FAX:03-5214-7379  E-mail:concert

 

□ 日本-インド共同研究 「IoT、AI、Big Dataを含むICT全般」
■ 課題募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
「戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)」の一環として、JSTはインドDST(科学技術部)と協力し、「IoT、AI、Big Dataを含むICT」分野に関する日本―インド共同研究課題を募集します。本公募は、2015年12月の日印両首相共同声明に基づく事業です。インドに研究拠点を形成し、従来の国際協力により得た成果やネットワーク実績を活かし、地球規模課題・地域共通課題の解決、イノベーションの社会実装などを推進する「日本の顔のみえる」持続的な共同研究・協力を支援します。
●研究領域:「IoT、AI、Big Dataを含むICT全般」
●募集締切:2016年5月6日(金)午後3時30分(日本時間)
●支援期間(研究期間):最長5年間(第Ⅰフェーズ)
優良なプロジェクトについては、更に最長5年間の支援(第Ⅱフェーズ)も可
●支援規模:1課題あたり総額115百万円(直接経費)+間接経費(直接経費x30%)上限
●採択予定数:3課題程度
●募集案内:http://www.jst.go.jp/sicp/jointlab/announce_2nd.html
●事業概要:(事業全体)http://www.jst.go.jp/inter/sicorp/index.html
(国際共同研究拠点)http://www.jst.go.jp/inter/sicorp/country/jointlab.html
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 国際科学技術部 事業実施グループ
      TEL:03-5214-7375  FAX:03-5214-7379   E-mail:jointlab

 

□ 「大学発新産業創出プログラム(START)技術シーズ選抜育成プロジェクト
■〔IoT分野〕」研究開発課題募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪若手挑戦人材のアントレプレナーシップ x 最先端のIoT研究 x 将来のビジョン≫
●募集趣旨
IoT分野の若手研究者に、自身の技術やアイデアを基に試作品を製作して頂きます。年度末には、試作品を事業展開ビジョンとともにベンチャーキャピタリスト等に演示し、事業化につなげることを目指します。詳細につきましては、募集案内ページをご覧ください。皆様のご応募をお待ちしています。
●公募対象者:学生やポスドク等の若手研究者
●募集締切:2016年5月30日(月)正午
●研究開発期間:単年度(2016年度のみ)
●研究開発費(直接経費):基準額 300万円(最大1,000万円)
●採択予定数:10~20課題程度
●事業概要: http://www.jst.go.jp/start/iot/jigyo/
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 産学連携展開部 START事業グループ
      TEL:03-5214-7054  FAX:03-3238-5373  E-mail:start-iot

 

□ 大学発新産業創出プログラム(START)「プロジェクト支援型」
■ 2016年度募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨
大学発新産業創出プログラム(START)では、事業化ノウハウを持った人材(事業プロモーター)のマネジメントのもと、市場や出口を見据えて大学等の革新的技術シーズの事業化に向けた研究開発を支援しています。
START「プロジェクト支援型」では、下記の通り、大学等の研究者の技術シーズの提案を募集しています。詳細につきましては、ぜひ公募要領をご覧ください。皆様のご応募をお待ちしております。
●募集締切:(第1サイクル)2016年5月9日(月)正午
      (第2サイクル)2016年6月20日(月)正午
●支援期間(研究期間):3年以下
●支援規模:実績平均3,000万円程度(直接経費)
●採択予定数:10~20プロジェクト
●募集案内: http://www.jst.go.jp/start/boshu/
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 産学連携展開部 START事業グループ
      TEL:03-5214-7054  FAX:03-3238-5373  E-mail:start-boshu

 

■ 「次世代シークエンサ(NGS)ハンズオン講習会」受講者募集
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
次世代シークエンサ(NGS)ハンズオン講習会は、日々、生み出される研究データを整備するとともに、それら研究データを十分に活用することが出来るバイオインフォマティクス人材の育成を目指した講習会です。
●詳細:URL http://biosciencedbc.jp/human/human-resources/workshop/h28
●開催日時:2016年7月19日(火)~ 2016年8月4日(木)
     (土日除く10:30~18:15(予定))
●開催場所:東京大学農学部2号館2階第1講義室(東京都文京区弥生1-1-1)
●参加費:無料
●申込締切: 2016年5月31日(火)12:00
●参加申込:URL https://form.jst.go.jp/enquetes/h28ngshands-on
●問合せ先:NGSハンズオン講習会事務局
      (国立研究開発法人科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター内)
      E-mail:NGS@biosciencedbc TEL:03-5214-8491

 

【その他】

■ イベント・シンポジウムのご案内
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その他のイベント・シンポジウム(近日開催予定分)のご案内はこちらです。
   http://www.jst.go.jp/event.html

■ 海外の科学技術関連情報
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆中国のいまを伝える 「中国総合研究センター マンスリーレポート」
  中国総合研究センターでは、科学技術関係機関のリーダーへの
  インタビュー、中国の飛躍的な発展振りを伝える現地レポート、
  中国科学技術最新トピックなどをご紹介しています。
   URLはこちら→ http://www.spc.jst.go.jp/report/

 

■ プレス発表(2016年3月1日以降分)
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年04月08日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160408/index.html
植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」を発見~化学合成に成功~

2016年04月06日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160406/index.html
バイオ燃料として期待される微細緑藻から新規炭化水素生合成酵素遺伝子の特定に成功

2016年04月05日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160405/index.html
ジカウイルスの輸入リスクと国内伝播リスクの予測統計モデル開発

2016年03月31日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160331/index.html
腸内細菌の大腸組織侵入を防ぐメカニズムを解明~潰瘍性大腸炎の新たな治療薬開発に期待~

2016年03月25日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160325/index.html
取り除けば働きがわかる~特定のヒト細胞内タンパク質を素早く取り除いて機能を探る方法を開発~

2016年03月24日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160324/index.html
植物由来成分であるプテロシンBはSIK3を阻害し 変形性関節症の治療薬開発のリード化合物となる。

2016年03月23日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160323/index.html
低濃度の金属廃液から金とパラジウムを効率的に回収~硫酸性温泉に生息する紅藻の優れた能力活用の可能性~

2016年03月21日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160321/index.html
高分子のモノマー配列を制御する手法の開発

2016年03月18日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160318-3/index.html
悪性腫瘍の増殖と薬剤耐性に関わるタンパク質のユニークな構造を世界で初めて解明

2016年03月18日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160318-2/index.html
ヒドリドイオン”H-”伝導体の発見~水素を利用した革新的エネルギーデバイスの開発の可能性~

2016年03月18日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160318/index.html
なぜ私たちは眠るか~眠りの素は細胞内カルシウム?~

2016年03月15日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160315-2/index.html
生薬甘草の成分が内臓脂肪の炎症・線維化を抑制する機序を解明

2016年03月15日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160315/index.html
X線の屈折・散乱を画像計測する非破壊検査用高感度X線スキャナの開発~工場生産ラインでの実用化に目処~

2016年03月11日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160311-2/index.html
免疫系が骨を治す~骨折治癒の仕組みを解明~

2016年03月11日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160311/index.html
シナプスの微細構造まで鮮明に~高屈折率の改良型透明化液で深部超解像イメージングを実現~

2016年03月10日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160310-2/index.html
植物の雄と雌が出会うための受容体を発見~受精の仕組みの解明と、食料生産の効率化に期待~

2016年03月10日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160310/index.html
ヒトiPS細胞から眼全体の発生再現と角膜上皮組織の作製に成功~難治性角膜疾患に対する新たな再生医療の開発に期待~

2016年03月08日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160308-2/index.html
フラーレンC70に水分子を閉じ込めることに成功~水分子の挙動観測に成功し、新機能物質の開発に期待~

2016年03月08日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160308/index.html
界面構造を変えるだけで金属酸化物の機能特性を制御~酸素配位環境を利用した新機能探求へのアプローチ~

2016年03月07日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160307-2/index.html
脂質含有量が多い海洋性微細藻類、円石藻の形質転換に成功~脂質合成能力の強化によるバイオ燃料生産に期待~

2016年03月07日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160307/index.html
多自由度で大把持力50kgf以上を両立する多指ハンドを開発~災害現場から産業分野まで、タフ環境で性能を発揮~

2016年03月03日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160303/index.html
海水中のDNA情報で魚群の居場所と規模を明らかに~魚類の量・分布・変動を把握し、漁業へ生かす~

2016年03月01日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160301/index.html
異なる原子の光格子時計を短時間で比較することに成功~周波数比の高速かつ超精密な測定は新しい物理への窓を開く~

 

■ 次号予告
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信日 2016年5月12日配信予定
内容
 ◎ フォーラム・シンポジウム情報
 ◎ 各種募集情報
 ◎ 科学技術政策 動向トピックス
 ◎ プレス発表

——[JST基礎研究通信]——————————————————-
□ 配信元 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
■ URL  http://www.jst.go.jp/kisoken/
□ 配信解除/登録内容の変更
     http://www.jst.go.jp/melmaga.html
■ バックナンバー
     http://www.jst.go.jp/kisoken/mail/index.html
□ 問合せ先   e-zine_mlmg
Copyright(C)2016 JST All rights reserved.
——————————————————————————–

 

クイックアクセス

Quick Access

本ページの目次