JST基礎研究通信 第137号

———–

J S T
—————–
基 礎 研 究 通 信
—————–
第 137 号
———–

——————————————————————————–

このメールマガジンは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)より、戦略的創造研究推進事業に携わる方、関心をお持ちの方に無料で配信されるメールサービスです。当事業に関する各種募集情報、イベント・シンポジウム情報、プレス発表等をお知らせしています。

——————————————————————————–

 

No.137  Sep. 10, 2015

◆  戦略的創造研究推進事業  ◆

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第137号コンテンツ】

■======================================■

 

【フォーラム・シンポジウム】

◆CREST「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」
JST CREST・さきがけ数学シンポジウム2015「22世紀創造のための数学」
◆CREST「ナノシステムの創製」「ナノ構造体」、さきがけ「ナノシステムと機能創発」
シンポジウムタイトル 戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」3研究領域第3回合同公開シンポジウム
◆「トーゴーの日シンポジウム2015~統合データベースとオープンライフサイエンス~」
◆CREST「生命動態」「構造生命科学」、さきがけ「細胞構成」「構造生命科学」
シンポジウムタイトル JST CREST-PRESTO joint international symposium: Structural Biological Dynamics: From Molecules to Life with 60 trillion Cells

 

【募集】

◆地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
平成28年度 研究提案募集

 

【その他】

◆研究開発戦略センター(CRDS)「研究開発の俯瞰報告書 2015年」の発行

 ◆  イベント・シンポジウムのご案内
 ◆  海外の科学技術関連情報
 ◆  プレス発表
 ◆  次号予告

■====================================­==■

 

【フォーラム・シンポジウム】

 

□ CREST「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」
■ JST CREST・さきがけ数学シンポジウム2015「22世紀創造のための数学」
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
本年が最終年度となるさきがけ・CREST「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」研究領域の締め括りとなるシンポジウムを2部構成で4日間にわたって開催します。
第一部は、領域研究者の発表に加え、「22世紀創造のための数学」と銘打ち、数学がもつ抽象性~普遍性を反映して幅広い分野の方々からの講演を予定しています。
第二部は、さきがけ~CRESTの足掛け9年間にわたって研究活動を実施した3名の研究者/チームの活動報告が中心となります。
●詳細:URL   http://www.jst.go.jp/crest/math/ja/sympo/2015_sympo.html
●開催日時: (第一部)2015年9月28日(月)~9月29日(火)10:00~18:00
      (第二部)2015年9月30日(水)~10月1日(木)10:00~17:00
●開催場所: (第一部)富士ソフトアキバプラザ5階 アキバホール
           東京都千代田区神田練塀町3
      (第二部)ステーションコンファレンス東京 602A~D
           東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー
●参加費: 無料
●定 員: 180名
●申込締切: 2015年9月21日(月)
●参加申込:URL  http://www.jst.go.jp/crest/math/ja/sympo/2015_sympo.html
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
      ICTグループ CREST「数学」領域担当
      TEL:03-3512-3526 FAX:03-3222-2066
      E-Mail:  mathsympo@math

 

□ CREST「ナノシステムの創製」「ナノ構造体」、さきがけ「ナノシステムと機能創発」
■  シンポジウムタイトル
□ 戦略目標 「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」
■ 3研究領域第3回合同公開シンポジウム
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)では、戦略目標「プロセスインテグレーションによる次世代ナノシステムの創製」の下に3つの研究領域において研究を実施しています。
1) CREST 「プロセスインテグレーションによる機能発現ナノシステムの創製」
2) CREST 「プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出」
3) さきがけ 「ナノシステムと機能創発」
フォトリソグラフィ微細加工技術に代表されるトップダウンプロセスと自己組織化に代表される高度なボトムアッププロセスを統合化することによって、バイオとエレクトロニクスが融合したナノシステム、自己構造化による化学反応場を利用したシステム、生体分子の示す自己複製、自己修復等といった自律的に機能する分子システムなどの次世代ナノシステムとそのための基礎・基盤技術の創成を目指しています。
研究領域として7年目の最終年度を迎えた本年、3研究領域第3回合同公開シンポジウムを開催し、グリーン、ライフなど多様な分野にまたがる研究成果を報告します。企業、公的研究機関、大学等の研究者・技術者をはじめ多くの方々の相互刺激の場、新たなコラボレーション創成の機会となることが期待されます。
ご多用中とは存じますが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。
●詳細:URL  http://www.nanokouzou.jst.go.jp/godosympo3/
●開催日時:2015年9月29日(火)10:30~18:05
●開催場所: コクヨホール TOKYO SHOW ROOM 2階
      〒 108-8710 東京都港区港南1丁目8番35号
●参加費:無料
●定 員:200人
●申込締切: 定員に到達次第
●参加申込:URL  http://www.nanokouzou.jst.go.jp/godosympo3/
●問合せ先:国立研究開発法人 科学技術振興機構 戦略研究推進部
      グリーンイノベーショングループ CREST「ナノ構造体」領域担当
      TEL:03-3512-3531 FAX:03-3222-2066 E-Mail: nanosympo1509

 

□ 「トーゴーの日シンポジウム2015~統合データベースとオープンライフサイエンス~」
■ のご案内
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)では、毎年10月5日を「トーゴーの日」としてシンポジウムを開催しています。2015年度は、2日間にわたり『オープンサイエンス』の世界的な動向等、今後のより高度なデータベース統合化にとって注目すべき話題についての講演や、ライフサイエンスにおけるオープンデータの活用事例の紹介、NBDCが行っている「ライフサイエンス統合データベース推進事業」の活動に関する発表を予定しています。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています。
●詳細:URL http://events.biosciencedbc.jp/sympo/togo2015
●開催日時:2015年10月5日(月)13:30~17:50
      2015年10月6日(火)10:00~16:55
●開催場所:東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区)
●参加費:無料
●申込締切:2015年9月24日(木)12:00
●参加申込:URL https://form.jst.go.jp/enquetes/togo2015_registration
●問合せ先:シンポジウム事務局
      Tel: 03-5214-8491 e-mail: sympo2015@bio

 

□ CREST「生命動態」「構造生命科学」、さきがけ「細胞構成」「構造生命科学」
■  シンポジウムタイトル
□ JST CREST-PRESTO joint international symposium: Structural Biological Dynamics:
■ From Molecules to Life with 60 trillion Cells
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●開催趣旨
このたび、CREST「生命動態」・「構造生命科学」、さきがけ「細胞構成」・「構造生命科学」の4研究領域が合同で、国際シンポジウムを開催します。本国際シンポジウムでは、21 世紀の科学全体に画期的な発展と影響をもたらすことが期待される新たなライフサイエンスの潮流について、海外招聘者6名、およびCREST・さきがけ研究者16名から、最新情報について紹介いたします。また、各CREST・さきがけ研究領域から、45件程度のポスター発表も予定しています。多くの皆様のご参加をお待ちしています。
●詳細:http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/4rpsympo/index.html
●開催日時:2015年11月5日(木)13:00~18:30
      2015年11月6日(金)10:00~16:30
●開催場所: 東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
●参加費:無料(交流会参加費:4,000円)
●定 員:400名
●申込締切:2015年11月2日(月)
●参加申込:https://form.jst.go.jp/enquetes/crest_presto
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
      ライフイノベーショングループ CREST「生命動態」領域担当 東美貴子、
      さきがけ「細胞構成」領域担当 山岸裕司
      TEL:03-3512-3524 FAX:03-3222-2064
      E-Mail: mazumayuji.yamagishi

 

【募集】

 
□ 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)
■ 平成28年度 研究提案募集のお知らせ
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●募集趣旨:
JSTは、地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS: Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development)において、平成28年度の研究提案募集を行っています。
SATREPSは、開発途上国のニーズを基に、地球規模課題 を対象とし、将来的な社会実装 の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進します。本プログラムでは地球規模課題の解決及び科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することやこれらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、その国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。
【提案募集のHP】http://www.jst.go.jp/global/koubo.html
●対象分野:環境・エネルギー/生物資源/防災
●研究期間:3~5年間
●予算規模:1課題あたり1億円程度
【内訳】JST:委託研究経費3,600万円程度/年(5年間で1.8億円以内)
    JICA:ODA技術協力経費6,000万円程度/年(5年間で3億円以内)
●募集期間:2015年9月9日(水)~2015年10月26日(月)正午(日本時間)
●公募説明会:2015年9月17日(木)14:00~16:20
      会場:JST東京本部別館 1階ホール(東京都千代田区五番町7K’s五番町)
●問合せ先:国立研究開発法人科学技術振興機構 国際科学技術部 SATREPSグループ
      公募担当 E-mail:global@jst.go.jp  Tel:03-5214-8085

 

【その他】

 

□ 研究開発戦略センター(CRDS)「研究開発の俯瞰報告書 2015年」の発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●概要
JST研究開発戦略センター(CRDS)では、「研究開発の俯瞰報告書 2015年」を下記の5分野について発行しました。
○環境・エネルギー分野
○ライフサイエンス・臨床医学分野
○ナノテクノロジー・材料分野
○情報科学技術分野
○システム科学技術分野
CRDSは2003年の設立以来、科学技術分野を広く俯瞰し、重要な研究開発戦略を立案する土台となる分野俯瞰の活動に取り組んできました。本報告書は、約2年の期間をかけて総勢500名を超える専門家の英知を結集しまとめたものです。
政策立案者のみならず、科学技術にかかわる幅広いステークホルダーの方々に活用され ることを期待します。
●報告書のダウンロード
「研究開発の俯瞰報告書 2015年」は、下記のCRDSホームページからダウンロードいただけます。

http://www.jst.go.jp/crds/report/report02.html

●問合せ先:研究開発戦略センター企画運営室(担当:庄司、中村)
TEL:03-5214-7481  E-mail:crds

 

■ イベント・シンポジウムのご案内
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その他のイベント・シンポジウム(近日開催予定分)のご案内はこちらです。

http://www.jst.go.jp/event.html

 

■ 海外の科学技術関連情報
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆中国のいまを伝える 「中国総合研究センター マンスリーレポート」
中国総合研究センターでは、科学技術関係機関のリーダーへの
インタビュー、中国の飛躍的な発展振りを伝える現地レポート、
中国科学技術最新トピックなどをご紹介しています。
URLはこちら→ http://www.spc.jst.go.jp/report/

 

■ プレス発表(2015年8月1日以降分)
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年09月07日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150907/index.html
油脂高生産藻の脂質量と組成を改変する技術を開発~藻による油脂やバイオ燃料の生産性向上に期待~

2015年09月07日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150907-2/index.html
カーボンナノチューブ・ポリアミドのナノ複合膜による高性能、多機能性逆浸透(RO)膜の開発に成功~革新的な造水システムにより地球規模の持続可能性に貢献~

2015年09月02日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150902-3/index.html
培養細胞での増殖能を大きく上昇させたインフルエンザウイルスの作出に成功~季節性ワクチン及びパンデミックワクチンの有効性上昇と迅速製造の道筋をつけた~

2015年09月02日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150902-2/index.html
大容量の蓄電が可能な「リチウム空気電池」用電極材料の開発~ナノ多孔質グラフェンとルテニウム系触媒が鍵~

2015年09月02日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150902/index.html
液体金属ナノ粒子のサイズを繰り返し変えられるプロセスを開発~光を操る新材料の開発に期待~

2015年09月01日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150901/index.html
藻類のもつ微結晶が光を有効利用する原理解明にせまる~磁場で微結晶の向きを揃える新技術で光反射特性を明らかに~

2015年08月28日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150828-2/index.html
天然に豊富なカルボン酸を効率よくアルコールに変換する触媒を開発~再生可能な資源として炭素循環社会の実現に貢献~

2015年08月28日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150828/index.html
せっけんの構造をまねて高分子太陽電池の高効率化に成功~色素を高濃度で導入し、限界効率打破に貢献~

2015年08月25日  http://www.jst.go.jp/pr/info/info1124/index.html
グラフェンナノリボンへのホウ素原子のドープに成功~一酸化窒素などの超高感度ガスセンサー開発などに貢献~

2015年08月22日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150822/index.html
炭素のサッカーボールが集まるとなぜ高温超伝導体になるか~最先端計算シミュレーションにより長年の謎を解明~

2015年08月21日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150821/index.html
ペロブスカイト太陽電池の劣化問題の原子レベル機構が理論計算から明らかに~耐久性と安定性向上への貢献に期待~

2015年08月18日  http://www.jst.go.jp/pr/info/info1122/index.html
置換困難な位置に選択的に官能基を導入する触媒反応を開発~医薬品や機能性材料の効率的な合成に期待~

2015年08月11日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150811/index.html
一寸の虫にも有用な酵素~ヤスデから有用化合物を合成する高性能な酵素を発見~

2015年08月10日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150810/index.html
第3の核酸医薬の「ヘテロ2本鎖核酸」の開発~日本発の分子標的核酸医薬の基盤技術~

2015年08月07日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150807/index.html
ゲルマニウム導入し光るダイヤを開発~バイオマーカーや量子暗号通信への応用へ期待~

2015年08月04日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150804-2/index.html
土壌を模したミクロな人工空間でセンチュウの生態を解明~小さな虫が食糧・環境問題の解決に貢献~

2015年08月04日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150804/index.html
太陽光程度の弱い光でも、フォトン・アップコンバージョン効率の最大化を可能にした固体材料の開発に世界で初めて成功

2015年08月03日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150803/index.html
ミトコンドリア外膜から内膜へリン脂質分子を輸送するタンパク質Ups1-Mdm35複合体の立体構造及び脂質輸送メカニズムを初めて解明

2015年08月03日  http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150803-2/index.html
研究基盤としてのアンドロイド「ERICA(エリカ)」を開発~自然な対話が可能な自律対話型アンドロイドの実現に向けて~

 

■ 次号予告
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

配信日 2015年10月8日配信予定
内容
◎ フォーラム・シンポジウム情報
◎ 各種募集情報
◎ 科学技術政策 動向トピックス
◎ プレス発表

——[JST基礎研究通信]———————————————————

□ 配信元 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略研究推進部
■ URL   http://www.jst.go.jp/kisoken/
□ 配信解除/登録内容の変更
    http://www.jst.go.jp/melmaga.html
■ バックナンバー
    http://www.jst.go.jp/kisoken/mail/index.html
□ 問合せ先  e-zine_mlmg
Copyright(C)2006 JST All rights reserved.
——————————————————————————–

クイックアクセス

Quick Access

本ページの目次