トップページ
趣旨
プログラム
会場案内
京大会場案内
問い合わせ
特別シンポジウム「多能性幹細胞研究のインパクト−iPS細胞研究の今後」
シンポジウム開催の趣旨
 今回、京都大学 山中教授によりヒト皮膚細胞からES細胞と遜色のない分化能を持つiPS細胞が作られ、再生医療に新たな展開が期待できる状況となっています。JSTはこのような状況を踏まえ、わが国においてiPS細胞を中心とした多能性の幹細胞研究の加速と拡充が目下の急務と考えております。
 本シンポジウムは、今後のiPS細胞を用いた再生医療研究の展開・推進を目指すべく、ヒトiPS細胞の作製や動物iPS細胞を用いた再生応用の実験について詳細な報告をし、本研究分野について多角的に俯瞰すると共に、今後のiPS細胞研究の方向性を提示する予定です。
科学技術振興機構