ホーム 研究領域紹介 研究総括 領域アドバイザー 研究提案の紹介 研究成果と評価 お問い合わせ先
  トップ > 研究成果と評価 > 事後評価(研究課題)
事後評価(研究領域)
事後評価(研究課題)
研究実績報告書
 
終了報告書
平成22年度
平成21年度
平成20年度
領域会議開催報告
  研究成果と評価
事後評価(研究課題)
 
*課題名をクリックすると事後評価報告書が開きます
1.チーム型研究(22件)
局所構造制御による鉄砒素超伝導薄膜の物性制御基盤技術の構築
(生田 博志  名古屋大学 大学院工学研究科 教授)
核磁気共鳴(NMR)実験によるオキシニクタイド化合物の研究
(石田 憲二 京都大学 大学院理学研究科 教授)
鉄ヒ素系超伝導体の転移温度決定因子の解明と物質設計への適用
(永崎 洋 (独)産業技術総合研究所 エレクトロニクス研究部門 主任研究員)
精密物性測定による鉄系超伝導体の電子状態解明
(大串 研也 東京大学 物性研究所 新物質科学研究部門 特任講師)
鉄ニクタイド系高温超伝導体における臨界電流密度の高精度な評価
(小田部 荘司 九州工業大学 大学院情報工学研究院 教授)
鉄ニクタイド系化合物超伝導体の微視的・非経験的理論研究
(黒木 和彦 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授)
鉄ニクタイド系高温超伝導体の磁気共鳴法による超伝導発現機構の解明
(小堀 洋 千葉大学 大学院理学研究科 教授)
高分解能ARPESによる鉄系高温超伝導体の微細電子構造の研究
(佐藤 宇史 東北大学 大学院理学研究科 准教授)
鉄ニクタイド系超伝導研究と物質開拓
(佐藤 正俊 名古屋大学 名誉教授、(財)総合科学研究機構 サイエンス コーディネーター)
固体化学と磁気科学手法による新高温超伝導材料物質の創製
(下山 淳一 東京大学 大学院工学系研究科応用化学専攻 准教授)
量子ビームによる鉄系高温超伝導の物性研究
(社本 真一 (独)日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 研究主席)
FeSe系超伝導体の機構解明と新物質探索
(高野 義彦 (独)物質材料研究機構 グループリーダー)
鉄ニクタイド系化合物の高圧下における物性測定
(高橋 博樹 日本大学文理学部 教授)
2次元鉄平面を持つ超伝導体の開発と熱及び局所磁場測定による評価
(為ヶ井 強 東京大学 工学系研究科 准教授)
鉄系超伝導体のフェルミオロジーに挑む
(寺嶋 太一 (独)物質・材料研究機構 環境・エネルギー材料部門 主席研究員)
分子線エピタキシー法を用いた鉄系超伝導体周辺物質の探索
(内藤 方夫 東京農工大学工学府物理システム工学専攻 教授)
ナノブロックヘテロ重合による鉄ヒ化物系高温超伝導体の創製
(野原 実 岡山大学 大学院自然科学研究科 教授)
鉄ニクタイド系超伝導体の薄膜を用いた高周波伝導度スペクトロスコピーによる物性解明及び新物質開発
(前田 京剛 東京大学 大学院総合文化研究科 教授)
遷移金属ニクタイド系超伝導体の開発と物性研究
(宮坂 茂樹 大阪大学 准教授)
薄膜法によるFeAs系およびその周辺超伝導物質の探索
(向田 昌志 九州大学 大学院工学研究院 教授)
鉄ニクタイド系における新規超伝導体の探索と線材化に関する研究
(室町 英治 (独) 物質・材料研究機構 理事)
鉄系超伝導体の低エネルギー電子状態の解明
(吉田 鉄平 東京大学 大学院理学系研究科 助教)
2.個人型研究(2件)
鉄ニクタイド系層状超伝導体の電子状態相図の完成
(神原 陽一 慶應義塾大学 理工学部情報工学科 専任講師)
イオン交換法・超高圧合成法による新奇遷移金属化合物の探索
(山田 幾也 愛媛大学 大学院理工学研究科 助教)

※研究機関名・職名は研究参加期間終了時点のものとなります。





戦略的創造研究推進事業