-

ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術

戦略目標

「多様な疾病の新治療・予防法開発、食品安全性向上、環境改善等の産業利用に資する次世代構造生命科学による生命反応・相互作用分子機構の解明と予測をする技術の創出」

研究総括

田中 啓二(東京都医学総合研究所 所長)

概要

 本研究領域は、先端的ライフサイエンス領域と構造生物学との融合によりライフサイエンスの革新に繋がる「構造生命科学」と先端基盤技術の創出を目指します。すなわち最先端の構造解析手法をシームレスに繋げ、原子レベルから細胞・組織レベルまでの階層構造ダイナミクスの解明と予測をするための普遍的原理を導出し、それらを駆使しながら生命科学上重要な課題に取り組みます。
近年わが国では大規模なタンパク質の構造決定研究が進められ大きな成果を収めてきましたが、今後はその資源を礎に、生命現象の重要な担い手でありながら単独では機能しないタンパク質を動的に捉え、これが多くの生体高分子との相互作用で機能を発揮するメカニズムを追求することが大切です。たとえば多くの動植物の病気はタンパク質の異常に由来しますが、その原因を解明し、新規治療法や予防法を開発するためには、構造生命科学を基軸にした生命現象の理解が不可欠です。また、健康な長寿社会の実現、安全な食糧生産、環境問題の克服でも構造生物学的研究が求められます。こうした局面において構造生命科学は、生命現象を原子・分子レベルで時間的・空間的に解明して普遍的原理を導出し、さらには構造から生命現象を予測することで、こうした課題に応えるものとなります。
そこで本研究領域では、この構造生命科学を駆使して生命現象を支える重要な機能性素子である巨大複合体やオルガネラの動態解析、疾患の原因分子の特定とその構造の解明、構造的相互作用に基づいた創薬のためのリード化合物の分離などのほか、こうした研究を実現するに必要な先導的技術の創出を目指します。 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「多様な疾病の新治療・予防法開発、食品安全性向上、環境改善等の産業利用に資する次世代構造生命科学による生命反応・相互作用分子機構の解明と予測をする技術の創出」のもとに、平成24年度に発足しました。

領域アドバイザー

大隅 良典 東京工業大学 フロンティア研究機構 栄誉教授
嶋田 一夫 東京大学大学院 薬学系研究科教授
中島 元夫 SBIファーマ株式会社 取締役執行役員 CSO
箱嶋 敏雄 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科教授
藤吉 好則 名古屋大学 大学院創薬科学研究科 特任教授
古谷 利夫 株式会社ファルマデザイン 代表取締役社長
三浦 正幸 東京大学 大学院薬学系研究科 教授
山縣 ゆり子 熊本大学 大学院生命科学研究部 教授
由良 敬 お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科 教授
吉田 賢右 京都産業大学 シニアリサーチフェロー

おしらせ

2015.7.7 4領域合同国際シンポジウムを、11月5-6日に伊藤謝恩ホールで開催します。是非ご参加下さい。
バナー
2014.05.16 CRESTおよびさきがけ「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」募集説明会の当日の様子や配布資料が掲載されました。

平成24年度採択分

ミトコンドリアをハブとする構造機能ネットワークの解明

研究代表者(所属)
遠藤 斗志也 (京都産業大 総合生命科学部 教授)

 

ピロリ菌の感染と発がん機構の構造学的解明

研究代表者(所属)
千田 俊哉 (高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 教授)

 

ミトコンドリア呼吸鎖の構造生命科学―構造がもたらす正確さ

研究代表者(所属)
月原 冨武 (兵庫県立大学 大学院生命理学研究科 特任教授)

 

生物酵素による水素エネルギー利用システムの構造基盤解明

研究代表者(所属)
樋口 芳樹 (兵庫県立大学 大学院生命理学研究科 教授)

 

シナプス形成を誘導する膜受容体複合体と下流シグナルの構造生命科学

研究代表者(所属)
深井 周也 (東京大学 放射光連携研究機構 准教授)

異物排出輸送の構造的基盤解明と阻害剤の開発

研究代表者(所属)

山口 明人 (大阪大学 産業科学研究所 教授)

平成25年度採択分

ATP/GTP が駆動するタンパク質マシナリーの動的構造生命科学

研究代表者(所属)

安藤 敏夫 (金沢大学 数物科学系 教授)

RNA代謝異常症のリボヌクレオプロテオミクス解析と構造生命科学への展開

研究代表者(所属)

礒辺 俊明 (首都大学東京 大学院理工学研究科 特任教授)

NMRと計算科学の融合によるin situ構造生物学の確立と真核細胞内蛋白質の動態研究への応用

研究代表者(所属)

伊藤 隆 (首都大学東京 大学院理工学研究科 教授)

植物の環境適応を実現する過渡的超分子複合体の構造基盤

研究代表者(所属)

栗栖 源嗣 (大阪大学 蛋白質研究所 教授)

自然免疫における一本鎖核酸認識受容体の構造解明およびその応用

研究代表者(所属)

清水 敏之 (東京大学 大学院薬学系研究科 教授)

小胞体恒常性維持機構:Redox, Ca2+, タンパク質品質管理のクロストーク

研究代表者(所属)

永田 和宏 (京都産業大学 総合生命科学部 教授)

オートファジーの膜動態解明を志向した構造生命科学

研究代表者(所属)

野田 展生 (微生物化学研究会 微生物化学研究所 主席研究員)

平成26年度採択分

鞭毛・繊毛をターゲットとする細胞の構造生命科学

研究代表者(所属)

吉川 雅英 (東京大学 大学院医学系研究科 教授)

新たなる臓器保護剤の開発に向けたATP産生制御の構造生命科学

研究代表者(所属)

高島 成二 (大阪大学 大学院生命機能研究科 教授)

新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明

研究代表者(所属)

中川 敦史 (大阪大学 蛋白質研究所 教授)

細胞膜におけるリン脂質の非対称分布とその崩壊

研究代表者(所属)

長田 重一 (大坂大学免疫学フロンティア研究センター 特任教授)

重力屈性における重力シグナリングの分子機構〜分子構造から個体応答まで〜

研究代表者(所属)

森田(寺尾) 美代 (名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授)

CREST 田中 啓二 研究総括とさきがけ 若槻 壮市 研究総括による募集説明会を開催しました(平成26年4月26日)

・ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術(CREST)(PDF)
・ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術(さきがけ)(PDF)

当日の様子
ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術(CREST/さきがけ共通の分野説明「構造生命科学とは」、さきがけ)

当日の様子
ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術(CREST)

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • JST-CIRM
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • JST オープンアクセス方針