【宮地 充子】ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術の体系化


研究代表者

宮地 充子

宮地 充子

大阪大学
大学院工学研究科
教授


研究概要

ビッグデータの解析結果は新製品開発など様々な活用が期待され、データ収集・解析・利用の促進・定着は重要です。本研究はビッグデータの収集・解析・利活用・所有者還元をセキュアかつフェアに実現する安全かつプライバシに配慮したビッグデータの流通プラットフォームを実現します.各種セキュアビッグデータ統合的利活用社会システムへの展開により、国際標準化の先導と情報産業の次世代主導権の獲得などの波及効果が望めます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望