【大浪  修一】データ駆動型解析による多細胞生物の発生メカニズムの解明


研究代表者

大浪 修一

大浪  修一

国立研究開発法人理化学研究所
生命システム研究センター
チームリーダー

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、世界最大の遺伝子ノックダウン胚の時空間動態計測データと、公共のゲノム塩基配列情報、エピゲノム情報、mRNA、タンパク質、代謝物等の生体分子の発現と相互作用の情報を統合し、最先端の統計解析技術とデータ可視化技術を活用して、多細胞生物の発生のメカニズムの全貌を解明するデータ駆動型の研究手法を開発します。これにより、データ駆動型の生命科学研究の基盤を構築し、生命科学を情報科学へ転換します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望