【平藤  雅之】フィールドセンシング時系列データを主体とした農業ビッグデータの構築と新知見の発見


研究代表者

平藤 雅之

平藤  雅之

東京大学 大学院農学生命科学研究科
特任教授


研究概要

作物は環境の影響を受けて成長しているため、栽培管理、品種改良等では成長量、土壌水分などのデータを長期連続的に収集し、複雑系現象として解析・評価・制御を行う必要があります。本研究では、これまでに蓄積してきたフィールド用センサネットワーク、ドローン等の技術を用いてデータを時系列的に収集し農業ビッグデータを自動構築するシステム及び最適栽培条件等新知見を探索するビッグデータ解析手法を開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望