【吉田 直紀】広域撮像探査観測のビッグデータ分析による統計計算宇宙物理学


研究代表者

吉田 直紀

吉田 直紀

東京大学 大学院理学系研究科/カブリ数物連携宇宙研究機構

教授
研究室ホームページ


研究概要

「統計計算宇宙物理学」というフロンティアを本研究で切り拓いていきます。地上大型望遠鏡を5年間用いて25兆ピクセルにおよぶ膨大な画像データを取得し、最新の機械学習と統計数理、大規模コンピューターシミュレーションを駆使して解析し、目には見えない宇宙のダークマター分布を3次元で明らかにします。その解析の過程において、大規模化する宇宙探査によるビックデータと情報統計学を融合させた新領域で次世代アプリケーション技術を開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望