【松方 正彦】精密分子ふるい機能の高度設計に基づく無機系高機能分離材料の創製


研究代表者

松方 正彦

松方 正彦

早稲田大学 理工学術院
教授


研究概要

本研究では化学産業の分離工程における大規模な省エネルギー化を達成すべく、まず、分子レベルの精密分離を可能とする無機結晶性ミクロ多孔性材料を用いた新規な膜分離技術の研究開発を行います。また、ナノ空間における軽元素同位体の量子揺らぎ差に由来する量子分子ふるい作用に着目し、次世代の先端医療に必要とされる軽分子同位体の高効率分離システムのための精密多孔性材料と分離技術を創製します。