【手嶋 勝弥】超イオン伝導パスを拓く階層構造による結晶相界面デザイン


研究代表者

手嶋 勝弥

手嶋 勝弥

信州大学 環境エネルギー材料科学研究所
研究所長/教授
研究室ホームページ


研究概要

0.1nm~100μm範囲の階層的な空間・空隙構造をもつ機能性無機結晶を育成する技術(結晶相界面デザイン技術)の学理を構築します。フラックス法による自形結晶育成技術を基軸に,結晶内イオン伝導経路予測,結晶形状制御,結晶面配向制御,パターン形成による結晶層の空間制御,異相界面の精密接合,イオン伝導パスを可視化する技術を新規開発します。イオン伝導経路を自在に設計し,負極から正極までシームレスな超イオン伝導パスをもつ,『高入出力対応バルク型全固体リチウムイオン二次電池』を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望