【一杉 太郎】界面超空間制御による超高効率電子デバイスの創製


研究代表者

一杉 太郎

一杉 太郎

東京工業大学
物質理工学院
教授


研究概要

我々は固体電解質を用いた新型不揮発性メモリーの動作確認に昨年成功しました。
本研究ではその実用化に向け、動作原理の解明や低消費電力化に取り組み、超効率電子デバイスの創製を行います。
さらに、その研究の過程は、「マクロな電気化学の理論体系が、ナノ領域の極限で適用できるのか」を探る研究と一致することから、界面超空間を対象に、量子力学に基づく原子レベル固体電気化学の体系化を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望