【山本 潤】空間局在・分子超潤滑に基づく時空間空隙設計と高機能表示材料創生


研究代表者

山本 潤

山本 潤

京都大学 大学院理学研究科

教授


研究概要

本研究では、物質中に「空間空隙」をトポロジカルにデザインして埋め込むことで、「高速局在モード」を生成し、またその界面を「分子超潤滑」する原理を確立します。すなわち、ナノスケールの空間に物質を分割することで高速応答性を実現し、その界面をSlipperyな界面とすることで超低電圧駆動を可能とします。これにより、既存の物質設計原理では到達できなかった夢の物性を設計し、特に「液晶」材料において近未来の情報表示機器への多様な応用を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望