【関根 泰】超空間制御触媒による不活性低級アルカンの自在転換


研究代表者

関根 泰

関根 泰

早稲田大学 先進理工学部

教授
研究室ホームページ


研究概要

シェールガスや製鉄での副生ガス(コークオーブンガス)などは安価ですが、反応性が低く化学的利用が難しいと言われています。我々は本研究において、低温作動の電場印加触媒反応と、高度に制御されたコアシェル構造触媒を用いて、これら原料から高付加価値な化学品を直接作り出すことができる、新規触媒プロセスを確立することを目指します。実現すれば石油化学のパラダイムシフト、化学の国際的競争力増大につながります。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望