【波多野 睦子】炭素系ナノエレクトロニクスに基づく革新的な生体磁気計測システムの創出


研究代表者

波多野 睦子

波多野 睦子

東京工業大学
工学院
教授


研究概要

本研究では、ダイヤモンド半導体での特異な物性を用いた2次元磁気イメージセンサの要素技術を創出し、生体及び細胞計測への適用可能性を検証することを目的とします。ダイヤモンド中の窒素-空孔複合体(NVセンタ)は、固体で唯一、常温大気中で単一スピンを操作・検出することが可能であり、高感度で高空間分解能な磁気センサの実現が期待できます。炭素系ナノ物性理論、新機能材料、プロセス、ナノデバイス、磁気計測プロトシステム、生体/細胞計測アプリケーションの各レイヤに渡る融合的な研究開発を行います。


主たる共同研究者
牧野 俊晴 産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター 研究チーム長
水落 憲和 京都大学 化学研究所 教授
原田 慶恵 大阪大学 蛋白質研究所 教授
安田 晋 ルネサスエレクトロニクス株式会社 オートモーティブソリューション事業本部 シニアスペシャリスト