【樋口 昌芳】超高速・超低電力・超大面積エレクトロクロミズム


研究代表者

樋口 昌芳

樋口 昌芳

物質・材料研究機構
先端的共通技術部門
グループリーダー


研究概要

エレクトロクロミズムとは、電気化学的酸化還元により色が変わる現象です。研究者独自のエレクトロクロミック材料(有機/金属ハイブリッドポリマー)の優れた色彩とメモリ特性(電源を切っても表示が続く特性)を生かしたデバイス・システムを構築することで、超高速応答・超低消費電力・超大面積のエレクトロクロミック表示を実現します。


主たる共同研究者
大橋 啓之 早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 上級研究員(研究院教授)

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望