【橋本 昌宜】ビアスイッチの実現によるアルゴリズム・処理機構融合型コンピューティングの創出


研究代表者

橋本 昌宜

橋本 昌宜

大阪大学
大学院情報科学研究科
教授

ホームページ


研究概要

専用ハードウェア化による高いエネルギー効率、ソフトウェア実装と同等の設計生産性、低い設計・初期製造コストを実現するアルゴリズム・処理機構融合型コンピューティングを創出します。ビアスイッチと呼ぶ不揮発スイッチデバイスを開発し、再構成可能チップの性能と面積効率を格段に向上させます。ユーザアルゴリズムは、再構成可能チップ上に専用処理機構として実現し、プロセッサが抱えるフォン・ノイマン・ボトルネックを根本的に解決します。


主たる共同研究者
杉林 直彦 日本電気株式会社 システムプラットフォーム研究所 部長
密山 幸男 高知工科大学 システム工学群 准教授
小野寺 秀俊 京都大学 大学院情報学研究科 教授
越智 裕之 立命館大学 情報理工学部 教授

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望