【西林 仁昭】分子触媒を利用した革新的アンモニア合成及び関連反応の開発


研究代表者

西林 仁昭

西林 仁昭

東京大学
大学院工学系研究科
教授


研究概要

 本研究ではアンモニアをエネルギーキャリアとして利用することを実現することを最終目標として、これまで達成されていない新しいアンモニア合成法の開発に取り組みます。 具体的には「実用化を見据えた高効率的なアンモニア合成法の開発」及び「空気、水、太陽光からのアンモニア合成法の開発」を中心的な研究課題として設定し、「アンモニア合成を指向した水素分解反応の開発」にも併せて取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望