【里川 重夫】固体電解質を用いた電解セルの電極触媒高性能化によるアンモニア合成システムの開発


研究代表者

里川 重夫

里川 重夫

成蹊大学
理工学部
教授

研究室ホームページ


研究概要

アンモニアは世界中で大量に製造されている化学品ですが、重量当たりの水素含有率が高く比較的温和な条件で液化できることから、貯蔵・輸送性に優れたエネルギーキャリア物質として注目されています。本研究は窒素解離能とイオン及び電子伝導性に優れた電極触媒を開発することで、再生可能電力、水、窒素から1段でアンモニアを製造できる固体電解質を用いた電解セルを開発することです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望