【清水 敏之】自然免疫における一本鎖核酸認識受容体の構造解明およびその応用


研究代表者

清水 敏之

清水 敏之

東京大学 大学院薬学系研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

ヒトをはじめとする高等動物では病原体を排除する免疫システムを備えていますが、最初に働く「自然免疫」はその後に働く「獲得免疫」同様、生体防御において重要な役割を果たします。病原体由来の核酸等は強力に自然免疫応答を引き起こすことが知られていますが、これはToll様受容体(Toll like receptor: TLR)を中心とする受容体タンパク質が認識することが出発点となります。本研究課題では一本鎖核酸等を認識するTLR7、8、 9に注目してその構造を明らかにし、その知見をもとに抗ウイルス薬や自己免疫疾患の治療薬開発を目指します。


主たる共同研究者
柴田 琢磨 東京大学 医科学研究所 助教

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域