【遠藤 斗志也】ミトコンドリアをハブとする構造機能ネットワークの解明

 


研究代表者

遠藤 斗志也

遠藤 斗志也

京都産業大 総合生命科学部
教授
研究室ホームページ


研究概要

細胞内のエネルギーを産生する小器官であるミトコンドリアは,その構成タンパク質をサイトゾルから取り込み,その構造と機能を維持します。近年,ミトコンドリアの内部構造が従来考えられていた以上に複雑に制御されていること,分泌経路の入り口として働く小器官の小胞体とも物理的に結合して連携するなど,新しい発見が相次いでいます。本研究では,構造生物学の様々な手法を用いて,ダイナミックに働くミトコンドリアの構造と機能ネットワークの全貌とその制御機構の解明をめざします。


主たる共同研究者
田村 康 山形大学 理学部 准教授
岡 敏彦 立教大学 理学部 教授

遠藤 斗志也_概要図