【中川 敦史】新規細胞膜電位シグナルの構造基盤の解明


研究代表者

中川 敦史

中川 敦史

大阪大学 蛋白質研究所

教授
研究室ホームページ


研究概要

神経伝達や心臓の拍動など様々な生命活動に電気信号は働いています。近年、従来知られてきた分子とは異なる仕組みで電気信号を細胞内へ伝達する新規電位センサー蛋白質が次々見つかっています。私たちはこれらの分子を対象として、電気信号の情報伝達の動的な機構を解明し、生命科学の新しいパラダイムを切り開くとともに、そこから得られる知識を利用して戦略的に電気シグナルを可視化するツールを開発し、病態の解明や創薬につながる研究への発展を目指します。


主たる共同研究者
岡村 康司 大阪大学 大学院医学系研究科 教授
鷹野 優 広島市立大学 大学院情報科学研究科 教授
神取 秀樹 名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望