【森田(寺尾) 美代】重力屈性における重力シグナリングの分子機構〜分子構造から個体応答まで〜


研究代表者

森田(寺尾) 美代

森田(寺尾) 美代

名古屋大学 大学院生命農学研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

重力屈性は、植物が重力の方向に対する自分の体の傾きを知り、根を水分や栄養分が豊富な地中へ、地上部を光合成や生殖に有利な上方へと各器官を配置する重要な環境応答の一つです。重力屈性は昔から研究されてきましたが、その分子メカニズムを遺伝子やタンパク質の機能から読み解く試みが始まったのは最近です。本研究では重力屈性の制御に関わるタンパク質の構造研究を中心に、植物が重力の方向を知る仕組みの解明を目指します。


主たる共同研究者
平野 良憲 横浜市立大学 木原生物学研究所 特任講師
森 智行 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望