【吉川 雅英】鞭毛・繊毛をターゲットとする細胞の構造生命科学


研究代表者

吉川 雅英

吉川 雅英

東京大学 大学院医学系研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

細胞内小器官はタンパク質などの「素子」が組み合わさった「集積回路」に相当します。しかし、どの素子がどこにあるかという「回路図」は未解明でした。
本研究では、複雑な細胞内小器官の一つである鞭毛・繊毛について、クライオ電子顕微鏡と遺伝学を主に用い、「回路図」の解読法、つまり「細胞の構造生命科学」の確立を目指します。また、それに基づいた鞭毛・繊毛の構築原理、制御機構、関連する病気である「繊毛病」の病態解明を行います。


主たる共同研究者
年森 清隆 千葉大学 大学院医学研究院 特任教授

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望