【高島 成二】新たなる臓器保護剤の開発に向けたATP産生制御の構造生命科学


研究代表者

高島 成二

高島 成二

大阪大学 大学院生命機能研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

生体活動で使用される大部分のエネルギーを担うATPは、その殆どがミトコンドリアの酸化的リン酸化反応により産生されます。本研究では、酸化的リン酸化酵素群の活性を上昇させる新規のタンパク質に注目し、ATP産生を行う複雑な酵素群の構造変化と機能の相関を明らかにします。得られた構造情報と生体も含めた生理機能解析の結果をもとに、新たなエネルギー代謝概念の確立とその疾患治療応用への可能性を探求します。


主たる共同研究者
青山 浩 大阪大学 薬学研究科 准教授
北風 政史 循環器病研究センター 臨床研究部 部長
朝野 仁裕 大阪大学 医学系研究科 講師

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望