【尾池 雄一】組織修復に基づく恒常性維持機構の変容による生活習慣病の病態解明と制御


研究代表者

尾池 雄一

尾池 雄一

熊本大学 大学院生命科学研究部
教授
研究室ホームページ


研究概要

加齢や生活習慣によって生じるストレスは、ヒトのさまざまな組織に損傷を与えます。こうした損傷は通常、ヒトの身体にもともと備わっている恒常性維持機構、すなわちストレスに応答して種々の細胞間で生じる相互作用により修復されます。私たちはその仕組みを「組織修復機構と免疫応答機構のクロストーク」という観点で研究し、特に生活習慣関連疾患の発症・進展につながるメカニズムを理解し制御することにより、新規予防・診断・治療法の開発を目指します。


尾池雄一_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域