【黒尾 誠】リン恒常性を維持する臓器間ネットワークとその破綻がもたらす病態の解明


研究代表者

黒尾 誠

黒尾 誠

自治医科大学 分子病態治療研究センター
教授
研究室ホームページ


研究概要

食事で摂取したリンは、生体内ではリン酸カルシウム結晶のコロイド粒子CPPとなって血中に”溶け”ています。CPPは骨へと運ばれますが、CPPが増えて骨以外の組織に作用すると、あたかも”病原体”のように慢性炎症を引き起こして老化を加速します。また、慢性腎臓病ではCPPが早期から増えてきます。私たちは、このように生体でのリン恒常性をつかさどるCPPに注目し、CPPを標的とした慢性腎臓病や老化の新しい早期診断法・先制治療法の開発を目指します。


黒尾 誠_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望