【林 泰弘】汎用的な実証基盤体系を利用したシナリオ対応型分散協調EMS実現手法の創出


研究代表者

林 泰弘

林 泰弘

早稲田大学 理工学術院先進理工学部 教授
スマート社会技術融合研究機構 機構長
先進グリッド技術研究所 所長
研究室ホームページ


研究概要

本研究では家庭における太陽光発電、蓄電池、燃料電池、ヒートポンプ給湯機、車載蓄電池を搭載した次世代自動車などの次世代エネルギー機器が多様な形で設置され自律分散的に制御される住宅のエネルギー管理システム(HEMS)と、マンション等集合住宅におけるエネルギー管理システム(MEMS)、商業・オフィスビル等におけるエネルギー管理システム(BEMS)、及びこのような需要家への面的な電力安定供給を効率的に担う中央制御型の配電ネットワークのエネルギー管理システム(GEMS)を主な対象とし、予測・運用・制御という一連のエネルギー管理フローに基づく次世代協調型EMS実現手法の創出を実施する。

 実施にあたっては面的に存在する多様な電力需要家に対する配電系統上での電力潮流を再現するための「模擬シミュレータ」と「計算機シミュレーションモデル」の二つの技術実証プラットフォームを拡張整備し、対象・アプローチの観点から相補的な多分野研究者が結集し分野横断的な研究連携、知見の共有を深化させながら専門性を活かしたEMS実現手法の開発に取り組み、中立的かつ汎用的な協調EMS技術実証プラットフォームを用いた定量的数値評価を経ることで次世代協調EMSの基盤技術の重要性・有用性を評価していき、最終的に世界最高レベルの統合協調EMS実現技術の開発・評価を目的とする。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望