【武田 洋幸】DNA3次元クロマチン動態の理解と予測


研究代表者

武田 洋幸

武田 洋幸

東京大学 大学院理学系研究科
教授
研究室ホームページ


研究概要

受精卵からの発生や、癌や神経性疾患などの病理学的変化の過程において、DNA の3次元折畳み構造(クロマチン構造)と、DNA と結合タンパク質への化学修飾(エピジェネティックコード)が相互に関連しながら、細胞の遺伝子発現、分化能を制御していると考えられています。本研究では、発生とゲノムの研究に有利なメダカをモデルとして、様々な分化段階の細胞からエピジェネティックコードおよびDNA接触情報を収集して、クロマチン動態を説明するロジックと数理モデルを構築します。そして、病気・変異などによるクロマチン構造の変化が細胞の分化能力に与える影響を予測するシミュレーションシステムを京コンピュータ等の超並列計算機で実現します。


主たる共同研究者
森下 真一 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授

武田 洋幸_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域