【上村 想太郎】革新的1分子計測技術によるRNAサイレンシング機構の可視化:基盤作出と応用展開


研究代表者

上村 想太郎

上村 想太郎

東京大学 大学院理学系研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

本研究は細胞内環境に近い条件で測定することができる革新的1分子計測技術を独自にRNAサイレンシング過程に応用することでサイレンシング複合体形成から標的RNA切断とその解離までを1分子レベルで可視化する基盤を作出し、至適化を目指します。さらに生殖組織特異的なRNAサイレンシングへ研究を展開します。新規に本計測技術を本研究対象に応用することは新規性が高く、メカニズム解明だけでなく創薬への応用や疾患の理解が進むことが期待されます。


主たる共同研究者
塩見 美喜子 東京大学 大学院理学系研究科 教授

 
1_uemura

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望