【永田 俊】極微量長半減期同位体を用いた革新的な海洋生態系・物質動態トレース技術の創出


研究代表者

永田 俊

永田 俊

東京大学 大気海洋研究所
教授
研究室ホームページ


研究概要

本研究では、海水中に極微量に存在する長半減期同位体である炭素14とヨウ素129の分析技術を高度化し、海洋生物の行動・採餌履歴(空間軸)や、生態系における有機物の循環速度(時間軸)についての情報を得るための新手法を開発します。これを通して、生態系・生物多様性研究の新しい展開を支える基盤ツールが整備され、生態系の保全・管理を効率的に進めるうえで必要な科学的情報が得られることが期待されます。


主たる共同研究者
大河内 直彦 海洋研究開発機構 生物地球化学分野 分野長
松崎 浩之 東京大学 総合研究博物館 教授

報告書

25年度年次報告書

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望